<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

国語「主人公の気持ちを答えなさい」

国語の記述式問題は、採点の際の基準が非常に細かく設定されています。
必要な要素が入っているか、本文中にある言葉を抜き出せているか、それを既定の文字数に収められているか、です。
特定の問題を例として持ってくることは難しいのですが――主人公が嬉しいと感じていることを書けているか、それを端的に表す言葉が本文にあるならそれを抜き出せているか――といった具合です。
また問題で指定されている文字数というのは、この必要な要素を入れると大体ぴったりになるように設定されていて、解く側が自由に文字を埋めたり削ったりする余裕はありません。というか増減できる時点で解答として間違っています。

国語の採点をしてことのある人にとっては当たり前の話なのですが、「子供の自由な発想を妨げている!」と感じる人もいるのかも。
けれどその意見は的外れで。
小説であろうが随筆であろうが、国語の問題は厳密に作られています。解答はみなが納得できるものとなっていて(一応補足。納得できるというのは「大多数の人が」ではなく「万人が」という意味です)、なぜなら論理的に導けるか、その前後にはっきりと書いてあるからです。
すなわち解答者が想像する余地などそもそもないということ。
そうした理由からか、現代文で感情移入しちゃう人ほど、点数が悪かったりします。読めていない部分を自分の想像で埋めてしまっているためですね(なお、きちんと読み取ったうえで感情移入している場合もあり、なのでより正確に言うなら、「感情移入しがちな人は国語の点数がテストによって差が激しくなりがち」となります)。

国語教育(に限らずですが)に求められているのは、論理的な思考と相手の見解を聞く姿勢を持つことだと思います。
筆者の思想に追従しろということではなく。その人がどういう前提に立っているか、そこからどのように結論を導いているか、それをきちんと読み取れるようにする訓練をしています。小説であれば、その相手が筆者ではなく登場人物に変わるだけ。
言い換えるなら「相手の言ってることをまず聞こうぜ!」です。ですから「子供の自由な発想を妨げている!」は的外れだとしました。他人の言うことを聞かずに自分の考えだけを述べる人って鬱陶しいじゃないですか……。
実際の日常生活では他人の気持ちを知るにあたって、相手の表情や仕草も見ています。言葉はその中の一つ。国語はその重要な一つをきちんを受け取れるように教えていると見れると思います。

記述式ではなくセンター試験ですが、私の知ってるエピソード。
たまたま聴いていたラジオのパーソナリティだかゲストが作家だったらしく。またその年のセンター試験にその方の文章が使われていたそうです。問題はありがちな「筆者はここで何を考えていたか?」というもの。
試しに解けるかと問題を見せられたのですが、その方は「え、ここ書いたとき何も考えてなんかなかったよ」と言いました。
ここまでなら「答えは『何も考えてなかった』じゃん。国語の問題なんてあてにならねー」となりそうですが、この方はCM(が挟まれたと記憶)の間に文章を読み直していて、正しい答えを選びました。
問題作成者は筆者があまり意識せずにいた部分まで読み取ったのかもしれません。でもそれは筆者も納得するものであり、また他の受験生にとっても同じであった。
このエピソードはとても興味深いと思って、今でも覚えているものです。

「問題」である以上、解答があり、それを導くプロセスがあるはずです(そうでなければ問題作成者が叱責される……)。日頃読む文章の中には(筆者の考えがまとまっていないのか何なのか)曖昧なものもありますが、そういうのは問題として設定されることはありません。学者が議論しているようなものもならない――とは言わないですが、せいぜい大学生になってから。
国語は小説を取り上げていて、また読んだ人の印象に残りやすいのは小説だからか、物語の登場人物や読者である生徒の気持ちを入れてしまいがちのように感じます。国語は「読み書き+論理問題」で、少なくともテストではそう割り切るべきものだと思います。
――どうせ読むなら、ついつい感情移入しちゃうような文章がいいですけどね。
by zattoukoneko | 2013-08-19 18:34 | 受験関係 | Comments(1)