<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

縦書きブログ始めました

――なんてタイトルにしておきながら、この記事は横書きなんですけどね!
まあ、その理由は後述するとして。今までアップロードしたものの一部(小説のカテゴリで、数回分の長さに及ぶもの)を縦書きにしてみました。
サンプル;『絶体零度』

HTMLを利用していて、上手く表示されるのはIEだけかな?
やり方は、
<DIV style="WRITING-MODE: tb-rl; WIDTH: 100%; HEIGHT: 500px; OVERFLOW: auto;" >ここに文章を入れるだけ</DIV>
です。
他にもたてぶさんや、縦書きブログさんなどがあります。

縦書きブログは増えつつあるようで、見かける機会が多くなってきました。出版業界を中心にさらに増えそうな予感。
縦書きを想定して書かれている文章は当然読みやすくなりますし、レイアウトにこだわることでブログを綺麗にすることも出来そうです。
一方でこれまでに普及しているブログが横書きなので、サイトを移ったときにちょっと戸惑うことも。また、私が縦書きに変更したのも小説の一部で、これは普段の記事やショートショートだと逆に読みづらくなると感じたことによります。
読みづらさの原因は、ウェブページ自体が上下にスクロールして見るものだからだと思います。本のページを繰るのとは方向が違う。なので話の展開は下に向かった方がぱっと見で読みやすく、結論やオチは最下部にあった方がよいのでしょう。
(補足ですが、人は文字を読むとき、一文字ずつ追っているのではありません。読んでいるところの周囲の文字も視界に収め、あらかじめ理解すること読解をスムーズにしています)
こうした理由から、長編小説のような長い文章の場合には縦書きの見栄えを重視し、短い文章では読みやすさを重視するのがよいだろうとしました。なのでこの記事は普段通りの横書きとなっています。
まあ、それだけではなく、タグを途中に入れたからというのも大きい理由なのですが。

ただ実際に縦書きにしてみて思ったのは『やっぱり紙に印刷したのとは違うなー』ということ。当たり前ですが。
単に縦書きにしただけでは、小説などがそれっぽく見えるという程度。ページをめくっていくのとはかなり印象が違います。横スクロールがその役割を果たすと思ったし、ある程度はその効果もあるとわかったのですが……ウェブの上下のスクロールと混じっているからか、あるいはページ間のタイムラグがないからか、感じ方が変わってしまいました。
実はこの記事を書く前に、このブログの看板娘をやってくれている雪音の小説を縦書きでアップロードしてみてました。ページをめくっていくのが遊びになっているものなのですが、それが上手く表現できていないような気がして、結局2時間程度で削除してしまいました。
縦書きブログは面白そうではあります(なので私もたまには利用してみようかなと)。けれどその魅力を引き出したサイトはまだないと感じる。
「簡単に気軽に投稿できるブログ」という場に「見栄えのよい縦書き」を使えるようにすることで、「すでにあって、内容を把握しやすい横書き」を超える付加価値を生み出すことができるのか。気にかけておいてもいいテーマではないでしょうか?
by zattoukoneko | 2013-07-20 05:23 | 雑記 | Comments(7)