<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年ノーベル賞に関する感想(後半)

今回は2011年ノーベル賞で最も注目されるべき事柄について取り上げようと思います。それは受賞した研究内容ではなく、選考過程にある問題となります。
前回の記事でざっと受賞したものの内容に関しては触れました。その折生理学・医学賞で事件があったのです。受賞の発表があった10月4日、その直後に受賞者の一人であるRalph M. Steinmanが9月30日金曜日に膵臓ガンのため亡くなっていたと、所属していたロックフェラー大学から知らされたというのです。
これはノーベル賞の基盤を大きく揺るがすほどのものでした。けれど日本ではそのことはあまり報じられていないようですし、まずは選考がどのように進められるのかを知らない方も多いのではないかと思います。ではまずはノーベル賞の選考がどのように行なわれるのかに関して見ていきたいと思います。


そもそもノーベル賞はダイナマイトの発明者であるAlfred Nobel(1833-96)の遺言に基づいて設立されたものでした。
Nobelは爆発性を持つニトログリセリンを安全に運搬できるようにし、狙った場所を爆破できるようにしたダイナマイトを発明して莫大な利益を得ました。ダイナマイトは元々は炭鉱の発掘を手助けするものでした。しかしすぐに軍事に転用されるようになり、「最も簡単に一度に大量の人間を殺戮できる兵器」と呼ばれるようになりました。さらにはNobel自身も「死の商人」と言われてしまったほどです。
彼は遺言で「自分の換金可能な遺産のすべては、遺言執行人によって安全で継続する基金を設立し、そこから出る毎年の利子を人類の発展に貢献をもたらした人物に分配するものとする」と述べ、1901年に初めて授与式が行われました。ちなみにこの遺言にも書かれていますが各賞に与えられる賞金額の1,000万スウェーデンクローナ(およそ1億円)はすべて『利子』から出ています。なので今後もノーベル財団が潰れない限りは半永久的に続く賞となります。なお受賞者は三人まで同時に受賞できることになっています(平和賞のみ団体での受賞が可能で、他はすべて個人に対して)。複数人で受賞した場合には賞金は山分けです。
ノーベル賞は物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞から始まり、後に1969年から一般に経済学賞と呼ばれるアルフレッド・ノベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞が追加されました。自然科学の分野では純粋研究に賞が与えられることは多くはありません。皆無ではありませんが、それが「人類の発展に貢献」したかどうかがわかるのは大分後になることがほとんどですから、応用研究の方に偏りがちなのでしょう。また数学賞もありません。どうやらNobel自身が私怨から数学者を嫌っていたらしいというのが理由とされています。その代わりというわけでもありませんが、数学の分野ではフィールズ賞やガウス賞、コール賞などがあります。ただし年齢制限があるなど超難関となっています。ノーベル賞の方に話を戻すと、文学賞があるのはNobel自身が文学好きで自分でも作品を作っているためです。おそらく文学との触れ合いが彼の成功と関わりがあると感じていたのでしょう。なお音楽賞や美術賞などがないのはNobelが興味を持ってなかったからです。平和賞に関しては先に述べたようにNobelが軍事に転用されるような発明をし、それによって大量の人間が死んだことに対する後悔と、彼が結婚しようと考えた女性が平和主義者だったというのも理由の一つではないかとされています。
ノーベル賞の受賞資格に関してですが、どこかの学会会員であることなどは必要ではありませんが、必ず受賞者が決定時に生きていることと定められています。つまり今回のSteinmanの場合受賞資格がなかったということになるのです。


故人である場合には選考過程の際に除外されます。しかし今年のノーベル賞では“誤って”すでに亡くなっている人に賞を授与すると決定してしまった。これはノーベル委員会の大きな過失であり、選考過程に不備があったということになります。したがってこれは大問題となりました。実際海外では大騒ぎとなり(日本のメディアはよくわかっていなかったらしくおかしなこと言っていたりしましたが、それについては後でちらっとだけ触れます)、委員会がこの前代未聞の件にどのような決定を下すのかに関してリアルタイムで注意が向けられていました。ちょうどNatureが受賞決定のところから亡くなっていたとわかったこと、そして結局受賞決定は変えないことを決めるまでを一つのウェブ記事として残しています。英文ですが参考までに。2011 Nobel Prize for Medicine – October 03, 2011
ではどうしてこのような過失を引き起こしてしまったのでしょう。少し込み入った話になりますが選考過程がどのようになっているか見ていきたいと思います。


ノーベル賞の候補者は世界各地から推薦状が届くところから始まります。この推薦状をその道に詳しい研究者たちが精査していくのです。とはいっても舞い込んでくる推薦状は膨大な数になるのでそれまでに名前が挙がったことがあるかどうかで大半の人は落とされるのですが。何にせよ推薦状から候補者を絞っていき、その年の受賞者としてふさわしいと考えられる人物を報告書としてまとめます。
この報告書を受け取る場所は賞によって異なっています。物理学賞、化学賞、経済学賞はスウェーデン王立科学アカデミー、生理学・医学賞はカロリンスカ研究所、そして文学賞はスウェーデン・アカデミーとなっています。報告書を受け取った時点でその年の受賞者はほぼ決定したも同然で、これが覆ることはまずありません。……カロリンスカ研究所は割と頻繁に拒否することがあるようですが。
いずれにせよこの報告書は9月半ば頃にはまとめられて提出されます。その後若干の選考だけして受賞者の発表となるわけです。

つまり2011年生理学・医学賞でSteinmanに授与させようと報告書が提出された時点では彼は生存していたということなのです。しかし報告書を受け取ってから受賞者を発表する10月3日までの間に彼は亡くなり、そしてそれを知らずにカロリンスカ研究所は受賞者として最終決定したということになるのです。
もちろんカロリンスカ研究所も世界中の研究者の生死をすべて知っているわけはありません。そう考えるとミスがあっても仕方がないとも言えるでしょう。ですがノーベル賞がその規定として「受賞決定時にその人物が生存していること」を盛り込んでいるとなれば、選考はやはり厳密にやらないといけないはず。特にノーベル賞は必ずその年に賞を出さないといけないというわけではなく、翌年持ち越しとして受賞者決定を一年遅らせることもできるのです(受賞年は前の年として記録されますが)。ですから受賞者が亡くなっていたことがわかれば再度選考を行なうことも十分考えられたわけです。
今回は委員会が特例として受賞を取り消さないという決定を下しました。けれど自分たちで設けている取り決めに反する選考および受賞者発表をしてしまった責任は重く、今後はさらに選考をきちんと行なうように変わっていかなければならないでしょう。


さて今回の2011年ノーベル賞はこのようなミスを初日にしでかしてしまい、波乱の幕開けと相成りました。そのせいで他の受賞した研究も霞んでしまったという印象を個人的には持っていたり。
なお選考過程は極秘で行なわれることになっており、受賞の50年後にそれを研究する者に対しては公表されるということになっています。ですから今年の選考過程が実際にどのように行なわれたのかに関してはそれを待って誰かが研究してくれないと確実なことは言えないという。もどかしいですねw
それと日本人の中には「Steinmanが他界していることがわかっていたら他の人が受賞していた可能性もあり、その中には日本人も同じような研究をしている人がいるので~」などと言う人やメディアがありましたが、まあまずないです。先述しましたがSteinmanが亡くなったのは受賞発表の数日前、9月30日でした。ですから受賞者の中から外されることはあり得たかもしれませんが、改めて別の人物をその空いた枠に入れるということはしないでしょう。そもそも受賞者は必ず三人である必要はないのですから。またいくら似たような研究をしていたとしても推薦されていなかったら候補にすらなりません。この推薦があったのかどうか、それは誰からのものだったのかに関しても50年後にならないとわからない話です。ですから日本メディアが「日本人のこの方も受賞の可能性があった!」というのは作り話です。日本から受賞者が出ればいいのにという願望が先走って、選考の実態がどうなっているかは考えずに記事を書いたのでしょうね。



以上で今回の2011年ノーベル賞に関する個人的な感想はおしまいです。まあ選考過程に関して調べた論文とか読むと正直この賞って――おっと誰か来たようだ。
ということでその誰かをさらっと置いておいてみる。今回選考過程の話をしましたが、以前山極勝三郎の話を書いています。この中では選考過程の話よりも日本人にそのような国際的に見ても先行的な研究をしている人物がいて、成果としても正しいものを出していたという点を強調しています。
これを『選考過程の面から』見ると少し変わってきたりします。実は選考自体には問題がなかったことがわかっており、山極はきちんとした理由(科学的にどうかではなく)で落とされています。しかし科学的には山極の方が正しいのだと徐々に判明してきて、それで騒ぎになったというのが実態。特にこの当時の日本医学界は国際的な業績が欲しかったために誇張していたのではないかという意見もあります。
ともかく山極勝三郎の件は『汚点』とは言えそうですが『誤り』ではなかったので注意が必要ですね。

ということでオマケが長くなりましたので、本当にこの辺りでおしまいにしておきましょう。来年はどんな騒動がありますかねー。今から楽しみです♪(ぇ
by zattoukoneko | 2011-10-22 16:54 | 社会・経済 | Comments(1)

2011年ノーベル賞に関する感想(前半)

2011年のノーベル賞が今月の3日から10日にかけて発表されました。
これに関して私なりに注目に値すると思うところがいくつかありましたので簡単にまとめてみたいと思います。長くなるので二回くらいに分けようかと。
なお受賞した各賞の内容についても大まかな説明をしたいと思います。ただここのブログは専門的な内容を扱うというよりは、見ていただいた方に興味を持ってもらいたい・今後目を向けるきっかけの一つになれば、という思いから書いています。ですのでかなりの簡略化をしますし、わざと間違いを含めることもあります。その点はご容赦のほどを。
…………誰だ、書いている本人がわからないだけだろうって言ったのは?!


まず3日にノーベル医学・生理学賞の発表がありました。
Bruce A. Beutler、Jules A. Hoffmann、Ralph M. Steinmanの三名が「先天性免疫(自然免疫)の活性化に関わる発見に対して」という理由で同時受賞です。
免疫という言葉に関してはよく耳にすると思います。「体の免疫が弱っているのかなあ……」なんてよく言ったりしますね。人間などの高次生物の体内では(今回受賞した中で出てきた)「先天性免疫」と「獲得免疫(あるいは適応免疫)」の二つが働いています。
先天性免疫は単純な反応で、体内に異物が入るとそれを退治しようという機構が動きます。有名どころではマクロファージや白血球など。ウイルスや細菌を食べて殺すという単純な動きをしています。これは生まれながらにして備わっている免疫力で、この仕組みが変わることはありません。
一方で獲得免疫は抗体などによって異物を除去しようとするものです。抗体はウイルスなどが持っている特異な化学的性質・構造に反応し、凝集させることで動けないようにしてから排除します。抗体は生物がウイルスなどの異物が体内に侵入してきてから作られるタンパク質です。この『侵入してきてから』というのがポイントで、これは生まれつき備わっているものではないということです。先程も出てきたマクロファージが異物の残骸をリンパ球の一種であるT細胞に渡します。T細胞はこれを解析し、抗体を産生するB細胞に情報を渡し増殖を促します。こうして出来た抗体が体中に回って先天性免疫だけでは退治できなかったウイルスなどの異物を排除していくことになります。ここは数日かかるので(対抗できない場合もありますが)病気を発症してから治るまでに時間がかかるというわけです。
2011年のノーベル生理学・医学賞では先天性免疫という初期に働く免疫機構を活性化する方法を発見した功績に対して賞が与えられたということになります。獲得免疫の抗体などはただのタンパク質ですから、それができた人からもらって他の患者に投与することができます(血清のこと)が、白血球などは個人個人で型が異なるのでその人自身の中で力を強めるしかない。この方法を見つけたということです。
ですから「免疫弱っているのかなあ……」のとき(病気が本格的に発症する前)に早々と治療できるかもということですね。

さてこの生理学・医学賞では大きな事件が発生しました。実はこれが(受賞内容よりも)今年一番注目されるべきところだと考えられるのですが、一先ず他の受賞内容の説明を終えることにしましょう。


4日には物理学賞の発表がありました。「超新星の観測を通じて宇宙の加速的膨張の発見をしたことに対して」でSaul Perlmutter、Brian P. Schmidt、Adam G. Riessの三名が同時受賞です。
宇宙の膨張とか言われると興味がそそられる人が多そうですねw でも「超新星の観測
によって」などと言われてもよくわからないかもしれません。これに関しては英語なのですが講義風に数分の動画で紹介してくれているものがあるのでそちらをどうぞ。アメリカの科学雑誌NewScientistがネット上で公開しているものです。
One-Minute Physics: Nobel-winner theory explained
途中で「八」を横にしたような図が出てくると思います。超新星を観測していて、それと観測者(=地球)の距離が一定速度で開いていくのならば宇宙は変わらない速度で膨張していっているのだとなりますが、このように距離の開き方が大きくなるということは膨張する速度が『加速している』ということになるわけです。


5日は化学賞。Daniel Shechtmanが「準結晶の発見に対して」で単独受賞となりました。
準結晶quasicrystalに関しては馴染みのない方も多いと思います。試しにwikipediaを見てみたら説明もよくわからないものでしたし……。
まず物質の物理的な状態として「気体」「液体」「固体」と大きく三つに分けることができます。気体は分子同士の結合が緩く自由に動き回っています。液体は気体よりは結びつきが強く、部分的に固体に近い構造を取っていたりすることもあります(クラスター構造)。固体は分子や原子が密に結びついており、ほぼその結合状態は動くことはありません。この固体の中にさらに「結晶」「準結晶」「アモルファス(非結晶)」という結合様式があるということになります。
結晶はNaClなどのイオン結晶や金属の作る金属結晶の総称です。高校の教科書や参考書を開いてみると面心立方格子や体心立方格子といった図が載っていると思います。これは立方体の形をしていますね。結晶の定義は周期性と並進対称性を持っているものとなっており、この「並進対称性」があるために結晶は四角いものが基本構造となるわけです。
アモルファスはまったくと言っていいほど規則性を持たない状態を指し、不定形です。金属なども急冷すると時折このアモルファスの状態になります。ただ構造がとても弱いことを利用して、結晶のときとは別の性質を備えさせることもできます。超伝導性などがその一例。
準結晶は結晶とアモルファスの中間とよく言われますが、これは間違いですね。準結晶には結晶のような並進対称性はありません。です規則正しい原子配列は持っています。イメージとしては四角くはないけれど丸っこい単位結晶は作るということです(先程確認したらwikipediaにも写真が追加されてましたね)。ですから回折画像を撮影すると周りに広がっていくような画像が得られるということになります。
ノーベル賞で話題になったこともあってかYouTubeなどにも動画がいくつか出ていますね。綺麗ですので説明はわからずとも眺めてみるといいかと思います。
とりあえず一つだけ記事を紹介。これはさらに「準々結晶quasi-quasicrystal」というものに関するもので、しかも英語ですがいくつか図は載っています。A Quasi-quasicrystal
この発見の何がすごいかというと、まずは基礎研究としてそれまで規則正しい“結晶構造”にはこのような形のものは存在するわけがないとされていたのです。その常識を打ち破ったという点が評価されます。また応用面としては従来の結晶とは異なる形をしているので、それを活用した物材として利用できるのではないかと期待されているということです。まだ世間に広まるような商品はできていないようですが、今後の動向に注目という感じですね。


6日は文学賞でした。スウェーデンの詩人Thomas Tranströmerがその隠喩を用いて神秘的な世界観を描くことを評価されて受賞しました。
1931年生まれですからもうかなりのご高齢。90年には脳卒中で倒れ言語障害を患うも、未だに現役で、日本の俳句や短歌にも関心を持ち、それを取り入れようとする試みもしています。
…………隠喩とか言われても原著読んだことないからわからねぇぇorz
でも日本人の作家も文学賞を獲れない一つの理由として言語の壁が挙げられていますからね。文学賞はわかりにくい。
まあ日本で最初にノーベル文学賞を受賞した川端康成の作品を思い浮かべてみると、正直な感想として物語の構成力でも文章力でも受賞できそうな人はいないように感じますが。今回受賞したTranströmerのように従来の型を備えた上で他の国の流儀をさらに取り入れて自国の文学を発展させようという活躍をしている作家はいない気がします。もちろん日本は日本で発展しているとは思いますが、それは世界的な文学界から見たらローカルな動きでしかないかと。ここから世界的流行になると評価されるかもしれませんが。
なお村上春樹が受賞するかもとは毎年のように言われていますが、選考過程はわからないので実際にどのくらい賞に近いところにいるかは不明。「受賞するかも」というのは現地でノーベル文学賞で賭けが行われており、その配当から見ると上位に位置するからそう言われているというだけです。村上春樹は簡単に読めると北欧諸国で人気なのでそれも配当を左右すしている一因かなと。


さて7日は最も怪しい平和賞! 今回は「女性の権利と女性の安全のために非暴力で民主的な活動を行なったことに対して」でEllen Johnson Sirleaf、Leymah Gbowee、Tawakkul Karmanの三名が同時受賞しました。すべて女性で、動乱の中にあったリベリアなどの治安を整え、それと同時に女性の権利向上に貢献したことが評価されました。
例年に比べるとまともな気がします? 私も少しはそう思うのですが、ノーベル委員会はこの賞をきっかけとして「民主制」や「女性の権利」に目を向けてもらいたいとアナウンスしています。これは大事なことですが問題も含む概念であることを忘れてはいけません。エジプトでは動乱があったばかり。中東でも紛争が続いています。果たしてその土地の宗教や慣習を無視してまで民主主義や女性の権利を押しつけていいものかどうか? なかなか難しい問題であり、こうした捻じれは現代社会に生きる私たちの課題の一つではないかと私個人は考えています。ですから今回のノーベル平和賞も『治安を整えた』というところは評価できるのではと思いつつも頭を悩まされる問題だなと同時に感じていたり。


ラストは土日を挟んで10日に経済学賞(正式名称はアルフレッド・ノベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)の発表がありました。ちなみにノーベル賞を設立するように遺言を残したAlfred Nobelの名前は「ノベル」か「ノベール」、もしくは「ノーベール」と表記するのが音としては正しく、これが広まってきていますのでこちらを使用することにします(Googleの翻訳にAlfred Nobelと入れて発音を聞いてみるとわかるかと。Nobelだけでは「ノーベル」になってしまうのですけどね)。一方で「ノーベル賞」はこれで浸透してしまっていますから慣用に倣ってこの表記で書くのが一般的。……何だか紛らわしいですねぇ。
話が少し逸れました。経済学賞は「マクロ経済学における因果に関するその実証的研究に対して」でChristopher Sims、Thomas Sargentの二名が受賞しました。
…………………………………………どうやってこれを説明しろとorz
ぶっちゃけ書いている本人がわからないので(多少は勉強したことありますけど、人に説明できるほどわかってはいません(涙))



さて締めが何とも情けない感じになってしまいましたが、今回はこのくらいで。ちょうど受賞したものの内容は大まかに触れ終わったかと思いますし。
次回は途中でも触れた今年のノーベル生理学・医学賞であった事件に関して扱おうかと思います。選考過程に関わる話なので予備知識も書かないとですかね? 一応一つの記事内に収まる予定です。
早め早めにupするつもりではいます。そちらがむしろ本題なのでお付き合いできる方はよろしくお願いしますm(_ _)m
by zattoukoneko | 2011-10-16 22:44 | 社会・経済 | Comments(0)