徒然と書いてみる

今回はちょっと思うところがあってタイトルを「徒然と書いてみる」としてみました。
そもそもここのブログの名前が「徒然なる猫日記」ですねー。んー、ぶっちゃけ語呂で選んだので意味はないんですよ(ぇw
まあ確かに深く考えて名前をつけたわけではなかったのですよ。最初はどんなことを書くか明確に決めていなかったので。ただ自分の筆名に『猫』と入っているし、人からは「雑踏」とか「猫」とか短縮して呼ばれるのでそれを使いたかったのと、何かを書き記していくのであれば(毎日更新でなくとも)『日記』と入れるのがよいかなと。そして語感で『徒然なる』とですね……。(まだ言うか)
でも上に書いたように当初明確な目的はなかった。「徒然」という単語の意味には「することがなくて手持ちぶさた」というものもありますが、「ぼんやりと物思いに耽る」という意味もありまして。あとは『徒然草』というのもありますね。随筆文として思ったことや聞いたことを自由な形式で書くというやつの代表例。
これらの言葉を合わせたら「ぼんやりと物思いに耽りながら散歩している猫が気ままに日々感じたことを書くところ」という意味になったので、『ああ、それぴったりじゃないか』と。そんな感じでここのブログタイトルは決まっていたりします。



というわけで今回はお散歩に出かけてみようと思います。
いや本当に散歩に出かけるわけでもなく、散歩で見かけた面白いものを写真とかつけて紹介するというわけではないです。「物思いに耽ることで散歩してみよう」と思います。……妄想散歩です。
散歩に行くわけですけど、特に目的地はありません。私、猫ですから。自由気ままに歩いていくのです。あーでもお腹すいたかな。もうお昼はとっくに過ぎてます。ご飯でももらいに行きましょう。目標地点は近くにある焼き鳥屋さんで決定♪ あ、でも気ままに歩くので途中途中寄り道はするんじゃないかなぁ。それも決めずに出かけまーす。
まずは家の外に出て風の中にある匂いを嗅ぎます。風は色々な匂いを運んでくれるんですよ? 遠くで雨が降っていれば湿気っぽくなります。そっちの方から風が吹いているということは、しばらくしたら雨が降るという合図になるのです。あ、あとそろそろ春ですね♪ この前全国的に雪がたくさん降りました。猫なので寒いの苦手です。雪はキラキラしてて不思議な感じがするので外にはしゃぎ出るんですけど、すぐに寒くなって部屋のお布団の中で丸くなってました。やっぱり寒いより暖かいほうが好きだなー。場所によってはもう梅の香りもするし、春が近づいているという感じ。でも芽吹きはまだかな、葉っぱの匂いがしないので。
とりあえず今日は雨が降らなさそう。安心して出かけられますね♪ 何せ猫なので傘を持つことができないですから。
とことこアスファルトの上を歩いていきます。このアスファルトっていうの種類変わったの知ってます? 昔はただただ道を固めるだけのもので、だから足の裏に伝わってくる感触も硬かったのです。まるで石そのものを踏んでるみたいな、そんな感じ。でも最近のは軟らかいのになったんですよ、水捌けをよくするとか色々と効果があるみたい。おかげで肉球が痛くならなくなって大助かりです。
目的地の焼き鳥屋さんを目指します。あるのは商店街の方。駅というところからは少し離れた場所にあります。ところで駅って何なんでしょうね? 私は中に入ったことないから何があるのかわからないんです。でもあの小さな場所にとっても多くの人が入っていって、そしてすぐにたくさんの人が出てくるんですけど入っていった人とは姿が変わってるみたいなんです。不思議な場所。私も中に入ると種類が違う猫になったりするのかな? そういう場所なの、駅って?
なんてこと考えてもよくわからないし、やめです。というか考え事しながら歩いていたら自動車に轢かれそうになりました。危ないなー。道路には歩いている人も自動車に乗ってる人もいるし、それだけじゃなく猫とか犬もいるし、ゴキブリとかの虫もいるんですよ? 何で注意して進んでくれないかな。ちょっと道の上を気にしながら運転してくれればいいだけなのになー。
あ、小鳥! ダッシュ!!
……
…………
……………………
ごめんにゃさい。周りを見てないのは私も一緒でした。いつの間にか歩いていた道からは大きく外れて公園の中に来ちゃいました。
でも反省ばかりじゃダメだよね。次のこと考えなきゃ。今度からはもっと気をつける、それで反省はおしまいっと。生きていられる時間は短いんだしどんどん前に進まなきゃ!
あれ、ベンチでおじさんがぼんやり空を見上げてる。何か面白いものでもあるのかな? 私もおじさんを倣って空を見てみます。
んー、雲一つないよ? おじさん何見てるの?
あ、もしかしたら空の中に春を探しているのかも! 風の中に様々な匂いが混じっているのと似たような感じで、空も色を変えるんです。太陽が昇る前は紺色をしているし、太陽が昇りきれば鮮やかな青。陽が沈むころには茜色になるし、夜には帳が落ちて黒くなります。一日の間でもこれだけ色が変わるんですけど、季節ごとにも色って変わります。夏の空は真っ青だし、冬には灰色っぽくなります。他にも近くに花があったりするとその色が滲み出すんだよね♪
でもここの公園には綺麗な花もないし、葉っぱも自動車の出す煙でくすんでるから、空もあんまり綺麗じゃないな。おじさんにもっと綺麗な空が見える場所教えようかな? こんなのばかり見てたら気が滅入るだろうし。
そう思って私は足元に近寄っていってちゃいちゃいと靴を引っかきます。でもおじさん反応なし。む、猫が自分から近寄っていくなんて滅多にないことなんだよ? 人によっては知った仲でもないのに馴れ馴れしくしてくることとか追いかけてくることがあるからやらないんです。だっていうのに気付いてもくれないなんて!
ま、いいか。おじさんはおじさんでこの空を見るのに熱中しているみたいだし。私が口に出すようなことじゃないよね。気付くまで待ってるのも時間の無駄だし。
――あ、そうだ! 私ご飯もらいに行く途中だったんだ!
焼き鳥~♪ 最近食べてなかったから楽しみ~♪
商店街の方に戻ってくると学校帰りらしい若い女の子たちが固まって道を歩いてた。その後ろで白いビニール袋を自転車のハンドルにぶら下げたおばさんが渋い顔してる。道の幅は広いから簡単に避けられるのになあ? 私は女の子たちとおばさんとはかなり離れた道の脇をてくてく進む。この時間帯は商店街には人が多いから自動車もスピード出せないから轢かれる心配はないんだけど、わざわざ人のいっぱいいるところを縫って歩く必要もないしね。
間もなくして目的の焼き鳥屋さんに辿りつく。このお店は道からも見えるところで若いお兄さんが焼き鳥を焼いてて、いつもいい匂いが――
あ、あれ? 匂いがしない。お兄さんもいない。そういえば出かけるときに嗅いだ風の中にもいい匂いがしなかった。
あ、まだお店閉まってる時間だ……。
b0118096_0384013.jpg




とまあ、そんなこんな感じで徒然と(ここでは「ダラダラと」という感じに近いですかね)書いてみました。
今回はブログのタイトルに沿って猫を出してみました。でも……割りと私自身こんな感じかもしれません(笑) 玄関から外に出るとすぐに風の匂いを嗅ぎますし、空や空気の色とかを気にする。小さい動物を見つけると追いかけたくなるのも合ってますね(ぇ? ないのはお店の開店時間を間違えることはないことくらいかなあ?

で、こんな感じのブログ記事を書いたのは一つの新しい方向性を考えてみようという試みからでした。
大抵のブログというのを見ると日常的なことを書いていますよね。でも私のブログはそういう感じからはかけ離れているという自覚はあったりします。少なくとも『日記そのもの』ではないですよねー。
ただ方向性として日記のようなものを書くというのはありだとは思うのです。でもそのまま書くのは「なんかイヤー」と口にしてしまうひねくれ者ですので(自分で言うか?)何かしらの工夫をしたいなぁと。今回のは思いつくままに書いたので大したものではないですが、さらに発展させるのもありかなあと考えてます。たとえば私は頑なにやってませんでしたけど自作小説を掲載してみるとかですね。けれどブログは小説を載せていくにはあまり向いていない感じがします。というか一つの記事を大体A4で5枚前後くらいで収めたいなと考えながらやっているのですが、それだとショートショートくらいにしかなりませんからねぇ。いくつかに分割するにしてもブログで書くならブログの特性を活かしたものをと……。(今ここで悩み中)
ということで今ここのブログに掲載する記事の種類や形式を増やしてみてはどうかと考えているのです。幅を増やすのは悪いことではないですしねー(やりすぎると手に負えなくもなりますが)。どうせなら色々試してみようかなと。そんなことを『徒然』と思っているよというお話でした。
by zattoukoneko | 2011-02-19 00:42 | 雑記 | Comments(0)