<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

国語「主人公の気持ちを答えなさい」

国語の記述式問題は、採点の際の基準が非常に細かく設定されています。
必要な要素が入っているか、本文中にある言葉を抜き出せているか、それを既定の文字数に収められているか、です。
特定の問題を例として持ってくることは難しいのですが――主人公が嬉しいと感じていることを書けているか、それを端的に表す言葉が本文にあるならそれを抜き出せているか――といった具合です。
また問題で指定されている文字数というのは、この必要な要素を入れると大体ぴったりになるように設定されていて、解く側が自由に文字を埋めたり削ったりする余裕はありません。というか増減できる時点で解答として間違っています。

国語の採点をしてことのある人にとっては当たり前の話なのですが、「子供の自由な発想を妨げている!」と感じる人もいるのかも。
けれどその意見は的外れで。
小説であろうが随筆であろうが、国語の問題は厳密に作られています。解答はみなが納得できるものとなっていて(一応補足。納得できるというのは「大多数の人が」ではなく「万人が」という意味です)、なぜなら論理的に導けるか、その前後にはっきりと書いてあるからです。
すなわち解答者が想像する余地などそもそもないということ。
そうした理由からか、現代文で感情移入しちゃう人ほど、点数が悪かったりします。読めていない部分を自分の想像で埋めてしまっているためですね(なお、きちんと読み取ったうえで感情移入している場合もあり、なのでより正確に言うなら、「感情移入しがちな人は国語の点数がテストによって差が激しくなりがち」となります)。

国語教育(に限らずですが)に求められているのは、論理的な思考と相手の見解を聞く姿勢を持つことだと思います。
筆者の思想に追従しろということではなく。その人がどういう前提に立っているか、そこからどのように結論を導いているか、それをきちんと読み取れるようにする訓練をしています。小説であれば、その相手が筆者ではなく登場人物に変わるだけ。
言い換えるなら「相手の言ってることをまず聞こうぜ!」です。ですから「子供の自由な発想を妨げている!」は的外れだとしました。他人の言うことを聞かずに自分の考えだけを述べる人って鬱陶しいじゃないですか……。
実際の日常生活では他人の気持ちを知るにあたって、相手の表情や仕草も見ています。言葉はその中の一つ。国語はその重要な一つをきちんを受け取れるように教えていると見れると思います。

記述式ではなくセンター試験ですが、私の知ってるエピソード。
たまたま聴いていたラジオのパーソナリティだかゲストが作家だったらしく。またその年のセンター試験にその方の文章が使われていたそうです。問題はありがちな「筆者はここで何を考えていたか?」というもの。
試しに解けるかと問題を見せられたのですが、その方は「え、ここ書いたとき何も考えてなんかなかったよ」と言いました。
ここまでなら「答えは『何も考えてなかった』じゃん。国語の問題なんてあてにならねー」となりそうですが、この方はCM(が挟まれたと記憶)の間に文章を読み直していて、正しい答えを選びました。
問題作成者は筆者があまり意識せずにいた部分まで読み取ったのかもしれません。でもそれは筆者も納得するものであり、また他の受験生にとっても同じであった。
このエピソードはとても興味深いと思って、今でも覚えているものです。

「問題」である以上、解答があり、それを導くプロセスがあるはずです(そうでなければ問題作成者が叱責される……)。日頃読む文章の中には(筆者の考えがまとまっていないのか何なのか)曖昧なものもありますが、そういうのは問題として設定されることはありません。学者が議論しているようなものもならない――とは言わないですが、せいぜい大学生になってから。
国語は小説を取り上げていて、また読んだ人の印象に残りやすいのは小説だからか、物語の登場人物や読者である生徒の気持ちを入れてしまいがちのように感じます。国語は「読み書き+論理問題」で、少なくともテストではそう割り切るべきものだと思います。
――どうせ読むなら、ついつい感情移入しちゃうような文章がいいですけどね。
by zattoukoneko | 2013-08-19 18:34 | 受験関係 | Comments(1)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

また私は、感情と常識(あ..
by zattoukoneko at 06:20
反差別さん、コメントあり..
by zattoukoneko at 06:19
最後です。 それ以..
by 反差別 at 14:07
続きです。 ・「性..
by 反差別 at 14:06
続きです。 ・「実..
by 反差別 at 14:06

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧