カテゴリ:雑記( 59 )

閲覧者増加……御礼?

ちょっと今後の予定・構成を練るためにいくらか時間をもらいたいと思って、1、2回適当な記事を入れてみることにしました。
ま、適当といってもそれなりに意味のある内容にするつもりで入るんですけれどね。ただ、軽いよ、って意味です。


最近このブログの閲覧者数が急激に伸びています(もう3000を超えるのかな?)。記事を頻繁にあげるようになった昨年の11月だか12月だかに数倍になり、3月にチュアブルソフトさんの特集を組んだらさらに倍以上になりました。この半年で10倍くらいになってるんでしょうか?
閲覧してくれることは純粋に嬉しいのです。でも私は特に更新PINGを多くのところに送っているわけではないですし、トラックバックも禁止してます(トラバって入れると閲覧者数が相当増えるんですか? まあ、私は興味ないし、これから理由述べますけどここの記事を参照されるの困るんです)。そんなわけでこの閲覧者数の増加にはちょっと戸惑ってます。
で、私はアクセス解析とか趣味じゃないからやっていないので、みなさんがどこからここを見つけてきているのかわかりません。
ただ更新PINGの中にGoogleに送られているものが初期設定として入っていたので、『もしかしてここから?』なんて思って試しにGoogleで「雑踏子猫」と検索してみました。
ただそのときうっかり入力をかな入力にするのを忘れてて、アルファベットで「zattouko」まで入れてしまったのですね。
そしたら――「雑踏子猫」って予測検索に引っかかるじゃないですか!
これ本気でびびりました。
歴史的な著名人とかプロの作家さんは出てこないのに、それを差し置いて私の名前が出てしまうのですから。

別に有名になることは嫌ではありません。むしろ何かやるならトップに立とうという意気込みでいます。いずれは「雑踏子猫」の名前を知らない人はいない、なんてくらいになれたらそれは嬉しいものです。
ですが現状として私の上にはずっと上のレベルの方々がいます。私はこの人たちに追い付くどころかまだ足元にも及んでいないと自覚しています。そんな私が、そうした人々より先に予測検索なんてのに出てしまうのがちょっと嫌です。
私はまだまだ下手。先には壁があるのだときちんと認識しておきたいし、同時にここを見る方にも私のレベルってそんなものだよとわかっていてもらいたいです。

それと試しにGoogleで「zattoukoneko」のまま検索してみました。そうしたらこちらもそれなりの数がヒットするのですね(省略されるのを消すと200超えみたいです)。
ちょっと日にちを変えて何度かやってみたら、いくつかのサイトさんで参照記事に挙げられている模様です。
これ――できればやめていただきたいです。別に一つの意見として見る分には構わないのです。ですがここに書いて記事は「大学学部三四年生のレポートのレベルと分量」を「参考文献なし」で「高校生にもわかるように」、ときには「嘘も入れて」書いたものです。つまりは大したこと書いてないのですよ。実際このブログの記事も正直片手間です。特集を組んだり、どうしても参考資料を探すときは時間や労力をかけますが、それも大したレベルのものじゃないです。ちょっと考えればわかると思いますが、卒業論文とか半年から一年、あるいは二年かけて製作するものでしょう? 私のここの記事のupのペース見てくれればわかると思いますが、そんなことしていないのです。本当に学部生のレベルのものをすごく簡単に書いちゃってるからこのペースなのです。
ということは――ここの記事なんて大して当てにならんということです。
このことはこれまでの記事の中で何回か述べてきたことです。「きちんと自分で勉強しましょう」と。ここの記事はその第一歩を踏み出すための踏み台にしか過ぎないのです。

私は後世の人々に「考えることのできる人」になってほしいと思っています。知識偏重で流されるだけの人になるのは困ります。
私がここで自分の見解を述べているのは、その「考える姿勢」を見せるためです。私は少なくともいくらかはそれができるレベルにいて、(もちろん閲覧者の中にはもっと上の人もいるでしょうが)そこに到達していない人にはここまでのぼってきてほしいのです。そして私を抜き去ってほしい(まあ、そのときは私が改めて抜きかえしを図る意気込みですけれど)。だからここを見る人は表向きの記事の内容だけでなく、裏の「考えること」を読み取ってほしいと思っています。

まあ、これは私の記事に限らずあらゆるものについて言えることです。様々なものを読んだり見たりしたとき、それをただ受け入れるのではなく、裏を読み取ったり課題を見つけたり、ときには疑うことも必要です。特にネット上の情報なんてのは論文に書くと(よっぽどのソースでない限り)修正させられます。
ただいきなりそれをやれといってもできないでしょうし、むしろ疑心暗鬼になって情報すら得られないこともあります。
ですから、まずはここのブログで訓練してみてはいかがでしょう?
私はあえて間違えたり省略してたりします。すべての記事についてやるのは困難でしょうが、自分の興味の持ったことに関して他の文献(しっかりしたもの)を見て、見識を深めてみてください。すると色々と齟齬が出てくるはずなので、そこで自分で「考えて」みてください。そうすれば自然と考えられる人間になれるはずです。
というわけでここの記事はみなさんにとっての第一歩、踏み台なのです。


……なんか説教臭くなってしまいましたが、今述べたことがこのブログや私自身の意図や気持ちです。
私の書いたものがみなさまの糧になりますようにm(_ _)m
by zattoukoneko | 2010-04-08 06:45 | 雑記 | Comments(1)

『Sugar+Spice!』スピンアウト

コメント欄にてちょくちょく報告をしていたのですが、チュアブルソフトさんの『Sugar+Spice!』でCFC会員が製作できるスピンアウト作品について追加をしていきました。
これは三月にチュアブルソフト特集を組んだ際に、改めて歴代作品をざっと見て、また自分のスピンアウト作品も見たことでやってみようと思いました(このときはただの確認のつもりだったのですが)。

で、自分の作品を見たら夢路とはねるのエピソードがあるのに、それだけなんですよね。だから他のメインヒロインについても書いてもいいかなあ、と。
特に当時上の二つを書いた創作術は私にとってはメインの書き方ではないのです。一応「雑踏子猫っぽい」作品ではありますが、でも本質的に全く違ったのですよね。
だから本当に自分らしさを出そうと思ってチャレンジしてみることにしました。

現在元から公開されていた『一沙と夢路が!?』と『鏡の中のはねる』にプラスして、『司の失った大切なもの』、『歌にさよならを』、および『藍衣にとっての愛の置き場所』とメインヒロインについて全員公開しました。

ただ――自分本来の書き方をすることはできませんでした。
これは電撃さんのHPに掲載させてもらっている作品についてもそうなのですが、文字数に制限がありすぎるのです。
スピンアウトの方では別にたくさん書いてもいいのですが、閲覧する人はそんなに時間をかけて見る気なんてないでしょうし、また元々の『Sugar+Spice!』の方での各エピソードの平均タイムが10分程度だったということがあって、そのあたりを目安につくらせてもらいました。
スピンアウトの方は2000字よりはずっとたくさん書けるのですが、元々のキャラが多いし、設定もつくりこまれてます。その分勝手に文字数は軽く2000なんてオーバーします。
またウインドウで文章が表示されるためここに入るように文章を終わらないといけません(全角で66字までは入力可能らしいです。でもこれって文庫の一行半ですよね?)。
それに立ち絵や音楽があるために、地の文なども削ります。顔が出ているのにそれの説明してたら蛇足ですからね。

まあ、そんなわけで私自身が普段長い話を書くときに使うような文章の作法は使用できませんでした(苦笑)
代わりに夢路・はねる、司・歌、藍衣で三パターンの製作法を用いました。普段はこの三つを混ぜながら長い話は考えます。
また長い話を書くときはもっと複雑な物語の構成論を用いています。ただこれはスピンアウトでも電撃さんでの掌編でもほぼ使用不可能なもの。ですのでいつかきちんとプロ作家として長い話を書ける機会がもらえるようになったらみなさんにもお見せできるのでしょうねえ(一体いつになることやら……)。

ちなみに――私は短い話というのが苦手です。
どうも設定をつくりこむ傾向にあるらしく、それを書き込むだけでいっぱいいっぱいになるのです(たとえば電撃さんの掌編ではキャラの設定だけで4000字くらいになります。そこに舞台設定や、物語の運びに関しての必須項目を入れていきます。一応書くときには最初から制限しまくってるのですが――それでも3000字は超えますね。ここから2000字にするということはただ文章を変えるだけじゃ全然間に合わなくて、エピソードも削りまくっているということです。これ、泣きながらやってます)。
また私にとっての一番書きやすい分量というのは、大体原稿用紙で3000枚くらいです。というか最初の設定を消化するだけでこれだけの量が必要になります。
ただ応募できるのはせいぜい300枚とかですよね? ようは設定すら書ききれないまま普段応募しているということです。
実際MFさんなんかに投稿すると選評が返ってきますが――よく設定を書きすぎとか、あるいは逆に設定が甘すぎる、と言われて落とされてます。
この設定の書きすぎは、まあ自覚してるのですが、つくりこみが甘すぎるとかご都合主義に見えるとかはちょっと『こんにゃろ』と思いますね。実際には私はその裏まで全部考えてあるのです。ただ分量として全然書けないので、一冊分に必要な最小限の設定しか入れられてないのですよね(余計なものを入れるとリズムが崩れますし、今度は消化不良になりますから)。――まあ、これは私がきちんと一冊分に収められないのがいけないのですが、ただこの設定の奥深さが私自身の独自性だとも思うのでなかなか捨てられないのですよね。仮に本当に一冊分だけの軽ーい設定やテーマで書いてそれが見事受賞したとして――その後私はプロとして何を書いていけるんでしょうかね? 大抵のライトノベル業界ではその受賞作からシリーズ化される傾向が強いですから、数年間はその薄っぺらなテーマと設定でやり繰りしなきゃならんということです。この間は私の魅力は(後から無理矢理設定などを追加できるとしても)ほとんど出せないのでしょうね。独自性を出せない私は多分この数年(いや、1年くらいか)で消えてしまうんだと思います。
でもそれは私としては嫌ですし、書きたいテーマがあるからこそ物語を書くわけです。そのテーマを書く前に消えてしまったら受賞しても意味ないですよね。
……まあ、友人らにはとりあえず受賞しちゃえば何とかなるんじゃない?、とよく言われます。で、私も正論だと思います。発表の場がもらえなかったらそもそも今持っているテーマはすべて消えてしまうわけですから。でも上に述べたような理由から今はできるだけ自分の独自性を消さないように、その上で一冊分にまとめられるような話を書けるように模索中です。――でも気付くと設定をざっと書いただけで本一冊分になるんじゃないかってくらい考えちゃってるんですが(苦笑) これ、もう癖になってるからそうそう抜けないんでしょうねえ。

さて、最後にスピンアウトの方にもう一度戻るのですが――
メインヒロイン5人で、3パターンの創作法を使ったと言いました。で、どれを今後優先して使った方がいいのかと思って試しに友人に見比べてもらいました。
が――
「さっぱり違いがわからん」
と言われましたorz
いや、全然違うんですけれど? 話が短いから起承転結や序破急の順番を変えるなどはしてないのですが、それぞれどこに重みを置いてるかとか、展開の仕方が違うんですけれど……。
いや、なんか説明してみようかと思ったんですが、話が長くて難しくなるので――
スピンアウトを利用して解説をつくってしまいましたww
今『雑踏子猫の創作作法』というタイトルで公開中。ただしスピンアウトなので難しい話はめちゃくちゃ省略して、概要だけの説明ですけど。
でもこれは友人が見て納得してくれたようなら公開停止しようと思ってます。「物語」ではないので。
でもしばらくはその友人が忙しくてじっくりと見れないようなので、まだ公開中です。
物語作りに興味のある方は見てみるといいかも? 電撃の掌編の書き方の参考にもなるかと思います(これ見た後で私の電撃での受賞作を見ると、どういう製作をしているのかとか、プロットがどうなっているのかとか、ある程度までわかるかもしれませんねー)。


以下、チュアブルソフトさんへのリンク。
スピンアウトのページへは、少し下へページをスクロールした、右のところにリンクがあります。
チュアブルソフト公式WEB
by zattoukoneko | 2010-04-05 10:59 | 雑記 | Comments(2)

三月後半の記事予告

昨日まではチュアブルソフト様の紹介を立て続けに行いました。一月前以上から構成を練っていた、まあ結構大きなプロジェクトでした。実際記事数やその量も多くなりましたし。
今回チュアブルソフト様には画像の利用を許可していただきました。問い合わせのメールにも懇切丁寧に対応していただきました。改めて非常に良心的なソフト会社様であると感じました。この記事内にてお礼を申しあげておきたいと思います。
なおチュアブルソフト関連の記事をupしてからの訪問者数はのべで450を超えました(普段の8倍ほど)。私は特に更新PINGなどを多くのところに送信しているわけではありません。それでもこれだけの数を記録したということはチュアブルさんへの関心がかなり高いということでもあると思います。

さてちょっとビッグプロジェクトをしたのでさすがに疲れました(笑) 構成を練るのにも半月時間をかけましたし、画像の編集なども普段することではないのでそれにかなり時間がかかってしまいました。文章を書くこと自体は大した労力ではないんですけどね。
まあそんなわけで疲れましたので三月の後半は少し軽く書けるような内容にしたいと思います。本とかの紹介は骨が折れるので勘弁してくださいw
一応考えているのは、今右にあるカテゴリに物理と化学があると思いますが、これが一つも入っていないんですよね。ですのでこの辺りを埋めておこうかと。
物理については「ニュートンの万有引力は科学ではない」という話と、(こちらは歴史のカテゴリに入れちゃうかもしれませんが)ニュートンがリンゴを落ちるのを見て万有引力を発見したという話はデマだということ(ただしそれだけではつまらないのでなぜそれが広まったのかについても触れます)。
化学については……どうしましょう? 話がないことはないのですが、求められる基礎知識がかなり高くなってしまうのですよね。一応閲覧者は高校生やあるいは高いレベルでも高校の課程を修了している人を想定しています。ヨウ素デンプン反応の起こる仕組みとか色のつき方の違いとかが面白かなと思ったんですが(小学校の頃からヨウ素とデンプンの反応の話は教わりますし)、でもそのためには励起状態とか混成軌道とか当たり前のように知っていてもらわないといけないのですが……ここまでくると早慶受験者のレベルですからねえ。困ったものです。
あ、急に思いつきました。「氷はなぜ滑るのか」なんてどうでしょう? 実は他の気体や液体、たとえば塩素の氷(正確には塩素の固体)の上は滑らないんです。水だけの特徴なんですね。これの説明なら水素結合の知識だけで事足りますし。よし、これでいこう!
あとは(物理・化学ではないですが)前にちょいと触れた「お守りの中はなぜ見てはいけないか」というのが面白そうです。ゲームや物語の話からいきなり理科系の話に移ると内容が変わりすぎる気もしますのでこれを最初にしましょうか。(でも絵があったほうがわかりやすいんですよね……私、上手く描けないや……)
それと大分前に来年度の受験生用に参考書の案内も書きました。あそこからもう参考書を集め始めた現在の高校二年生はあと10カ月の受験の計画を立てないといけませんね。そのための助けとして、どのように成績とは伸びるのかについて、ブレイクスルーというものについて紹介しとこうかと思います。
それ以外には何か何があるかなあ……。
ああ、先日『サマーウォーズ』のblu-rayを買いました。劇場に足を運んではいなくて、でも『時をかける少女』は面白かったので期待して予約しといたんです。まあまだ観てないんですが(苦笑) ただその中に入っていた「ART BOOK」に、氷川竜介さんですか、この人が論評を書いているのですが、文章中に「パラダイムシフト」なんて平気で書いていて、思わず「あほか!」と大声で叫んでしまいました(上の階の人ごめんなさい……)。この「パラダイムシフト」という言葉はちょいと前まであらゆる分野で何も考えられずに使われていて、せいぜい価値観の転換くらいの意味だと思っている人がたくさんいるみたいですね。でもパラダイムシフトが(確実に)起きたと考えられるのは人類の歴史上たったの1回しかないんです。どれだけパラダイムという概念が難しくて大きなものを指すのかわかってないんですからねえ……(提唱者のトマス・クーンの著作全部読めばすぐわかるのに。せいぜい英語で5冊くらいなんだし。日本語訳は使い物にならないと有名なのでもちろん読みませんけど)。まあこのパラダイムの話は今月中にやるかどうかはさておきとりあえず保留ということで。
他には何を予告してましたっけ?(今、昔の記事を見直し中) 医療関係は――長くなりそうだなあ。Ah Experiments(「アハ体験」とか呼ばれてたやつ)の正しい解釈とかはすぐ終わりそうですね。他にはジブリ・宮崎駿監督作品の解釈について? ――ってこれは物語の話だからなかなかに重いですね。まあ彼の作品は割合簡単だからすぐに書けますけど。
ま、とりあえず「お守り」、「万有引力」、「ニュートンのリンゴ」、「氷」は決定して、この順番でいくとします。これらを書いているうちにその後の予定も決まってくることでしょう。



さてはて以下余談。ブログらしく日記風に近況報告。

先日囲碁四段の免状をいただきました。これ90,000円します。
最初「なんだこのバカ高いの」と思ってたんですけど、受け取ってみたら確かに「こりゃ高いわ」ってものでした。全文手書きだし、有名棋士三名の署名も入っていますし。(画像は載せていいものかわからないのでupしません) 個人的にはその棋士の中に依田紀基九段の名前が入っていたことが嬉しい。この人の書いた本でかなり勉強しましたからねえ。まあ一番好きな棋士は趙治勲なのですがw(今はもう25世本因坊治勲として名前が通っているみたいですね。私が囲碁を勉強したときはまだ趙治勲と表記されてたのに)
なおアマチュアは八段まであります(その上にプロの初段)。ネット上なんかで審査してもらえるのは六段までなのですが、碁会所などでプロ棋士などから認めてもらえれば申請できるみたい? ただしこのときの免状料は1,700,000円以上します。別に数字は打ち間違えてないですよ? 日本棋院さんの公式HPで確認してますし。これ、認定してもらってもおいそれと出せる額じゃないですね……。

あとは最近割合と時間ができてきて(サボっているとも言う)、久しぶりにきちんと料理なんかをちょくちょくするようにしました。一応和風きのこのスパとか簡単なものは作ってたんですけど、みじん切りとかやるのめんどくさくて時間のかかるものは二年ほどやってませんでした。でも、まあ一応やればなんとかなるもんだ。調味料の量とかどのくらい入れるものか勘が鈍ってましたが、体がきちんと覚えてくれてました。
ちなみに今日は肉入りオムレツ(というか肉の上にオムレツが乗っかったもの)とコンソメスープを製作。みじん切りとかは毎日やるのはめんどくさいので4、5日分まとめて作りました。次のが完成図。
b0118096_0375672.jpg

でもたったこれだけつくるのに1時間半かかるとは……。昔の三倍かよ……。
卵はきちんと半熟ですよー。でも欲を言えば、切ったら中から半熟の卵が!、っていうのがつくりたいのですが、(方法は知ってるのですけど)上手くできないorz なのでこれは手抜きver.
なおついこの間は唐揚げをやろうとしたら揚げ物用の鍋が錆びてました(というか腐ってたに近い)。買わないといけないなあ。
あ、ちなみにアサヒのスーパードライがお酒の中で一番好き。昔友達と「日本人の生み出した最高の酒」と意気投合しました。ドイツのビールが世界一というけど私には合わないなあ。確かドイツってエールビールですよね? エールは日本人には合わない気がするんですけど。(なお二番目に好きなお酒は出羽桜という日本酒。本当に花の香りがします。でも数年前に体調を思いっきり壊してから日本酒飲むと次の日に高確率で二日酔いなんですよね……)

その他には何かあったかなあ?
この半月はチュアブルさんの紹介に結構時間を割いてましたけど、ちゃんと自分の執筆もしてました。大体400枚くらい書いたかな? ちなみにA4で、です。原稿用紙換算にすると×4より少ないくらいになるんですかね。行変えとかありますし。ま、これはちと書きすぎ。またアウトプットするためにインプットに戻らないといけません。ドイツ語……読みたくねえよう(/ ;)

まあともかく何とか何とか生きてるって感じです。ブログの方も週に2~3の割合で更新していく心づもり。
でわでわ今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

追記:右上のキャラに自己紹介させてみました。名前を書いた記事が大分流れたので。この子は私が大分前に書いた小説の主人公。でもお前「雪音」じゃなくて、そこから派生した「雪音っち」じゃんとつっこんでみる。
by zattoukoneko | 2010-03-15 00:51 | 雑記 | Comments(2)

2,000件突破間近!&告知

今回の記事か、少なくとも次回の記事のupの際には閲覧者数が2,000を超えることになりそうです。ありがたいことです。
前回1,000件突破が昨年の10月ですから、半年でのべで1,000人の方が見てくれたということになります。それ以前の訪問者数からすると急激な伸びですね。雑記を増やしてみて正解だったようです。
詳細なアクセス解析は私は行っておりませんので、どのような方がどこからここのブログを見てくれてくれているのかはわかりません。けれど記事をupするたびに大体20~30強の訪問者数がコンスタントに記録されているので、いくらか常連さんもいてくれるかもしれません。拙い文章ですが気に入ってくれていると幸いです。

ところでなぜ今回2,000件突破「間近」で記事をupしたのかというと、次回からは前々から応援させてもらっているチュアブルソフトさんの特集を続けて行ないたいからです。この記事の間に「2,000件突破」と挟むのも申し訳ないですからね。かといって訪れてくれる方への感謝の言葉も記しておきたいので、こうしてちょっと早く記事にしました。


さて次回からはチュアブルソフトさんの作品紹介をしていきたいのですが、ちょっとその前に自分の話、立場を少ししておいた方がよいかもしれません。
チュアブルさんはアダルトゲームメーカーです。
が、
私はアダルトゲームメーカーが大っっ嫌いです。偏見を持っているといってもいいかもしれません。
私自身、性描写や性の話が好きではないです。多分ですが、小中時代に読んでいた一般小説に書かれていた性描写が、ただの売りに使われているだけであって、物語にまったく関係がなかったこと、そしてその多くが女性の立場や感情を無視したものだったからでしょう。
『クレヨン王国 月のたまご』の記事のときに少し触れたと思いますけど、フィクションだとはいえキャラクターはやっぱり一つの人格を持った人間だと思っています。その登場人物の意思を無視した性描写って強姦と変わらなくないですか?
そんなことがあってか、私は同年代の男子がしているエロ話にはまったく加わる気になれなかったですし、今でもエロ本やアダルトビデオを見ません。(一応物書きとしては性に関しても知っておいた方がいいだろうと思って、無料配信されているようなやつをいくつか見ましたけど……やっぱりより嫌いになりました。勉強だと思って頑張ってみてましたけど、苦痛でしかなかったですね。再生を途中でやめたことも何度もあります。これなら死体の画像を見ている方がずっとましだとすら思いました)
それとアダルトゲームメーカーの多くが同人上がりだというのも好きではない理由です。同人はプロではないわけですからね。趣味と割り切っている方や、同人でも力量のある方がいるのは知っていますが、作り手も受け手もそれを忘れて助長している方が出てきているのも事実です。ゲームメーカーとなればそれはもうプロなので、任天堂さんやセガさん、スクエニさんらと比べられる立場です(ちなみにエニックスは元々はアダルトゲームをつくってました)。それを忘れている人って多い気がします。
そんな理由から私はずっとアダルトゲームに見向きもしなかったわけですが、人気が上昇してきているのも事実。自分の持っている考えは偏見な可能性もあると思って、意を決していくつかアダルトゲームというものを見始めました。幸いなことに無料の体験版なんかがネット上で簡単に入手できましたからね。
で、その結果――私の偏見は確信に変わりました。全部とは言わないですけれど、やっぱり性描写だけにこだわっているところが多くて、私が小中学時代に見た一般小説と同じでした。むしろストーリーの出来が悪いことを考えればそれ以下ですね。物語やゲーム性も他のゲームソフト会社さんとは比べ物にならないです。
そんなこんなでもう調べるのは諦めようと思ってました。そんなときです、チュアブルソフトさんに行きついたのは。
当時は処女作の『Pure×Cure』の発売が迫っていた時期で、体験版が配布されていました。それをプレイしてみて、「ここのメーカーさんはもしかしたら……」と感じ、購入を決意したという経緯があります。
そして実際に全部やってみて、このメーカーさんにはついていこうと決めた次第です。

チュアブルさんがどんなメーカーさんかは次回以降具体的に紹介していきます。
ただその前に少しだけ言っておけば、性描写(一応アダルトゲームメーカーさんなので含まれてくるのですが)は女性の立場もきちんと考慮したもので、見ていて嫌な気分になることはないです。人にもよるとは思いますが、女性でも十分楽しめるんではないでしょうか?
物語も素晴らしいです。下手な小説やゲームなんかよりずっといいです。
ゲーム性としては……さすがにスクエニさんなんかと比べるとずっと劣ります。ですが製作者の人数を考えれば仕方ないのですかね。その分物語などで頑張っていただければ十分お金を払うだけの価値がありますから。

さて、次回以降私がお勧めするチュアブルさんの特集を組んでいきます。アダルトゲームが嫌いな方や女性でも安心して見れるものだと思いますので、紹介することとしました(というか自分で相当よいものだと思わなかったら紹介しません)。ご期待ください。
by zattoukoneko | 2010-03-01 21:02 | 雑記 | Comments(2)

電撃LL受賞ならずorz

タイトルの通りです。受賞逃しました。
まあ、受賞のお知らせもいただいていませんし、それ以前に投稿時の自分の手応えとしてわかっていたことではあったんですが。

今回あきひろさんがリトルリーグで二度目の受賞ですね。すごいことです。
受賞作も面白かったですし、メジャーリーグで活躍していただきたいものです。
(あ、ちなみに作品中に「お守りの中を見てはいけない」とありましたね。この理由もそのうち記事としてupしたいです。元々候補として頭にあった話題ですし、日本人特有の面白い文化ですので)

さてはて、どうやら今募集中の第12回のリトルリーグで次回のメジャーリーグ参加者は締め切られるみたいですね。
なんとしてもメジャーに出て今度こそ1位を奪取したいところ。
が……
今回のお題の「サクラサク」難しいんですけど;; お題を見てからだいぶ経ちましたが、いまだ三作くらいしか思いついてない……。これはまずいです。
締め切りまであと二週間ほど。必死にやらなければ。
(でも今日教授に山ほど課題渡されたよう(/ ;) 両立できるのか私?)
by zattoukoneko | 2010-02-10 19:05 | 雑記 | Comments(0)

カテゴリを整理しました。

雑記の記事がやたらと多くなってしまったので、これらを細かく分類しました。
物理・生物・化学と社会・歴史、および受験生のために見やすいように受験関連の項目です。
これで見つけたい記事を見つけやすくなったかと思います。

ただし分類はかなり大雑把、というか中には区別できないものがいくつかありました。
ヒトラーの話であれば社会・経済が中心ではあるものの、歴史や生物とも関連した話です。またノーベル賞最大の汚点・山極勝三郎の話も生物のカテゴリに入れてありますが、どちらかというと歴史のお話ですね。
こうしたいくつかの分野にまたがる学問内容を、国際領域、といいます。私が扱っているものはこの国際領域のものが非常に多いわけですね。
ただ、「国際領域」なんてカテゴリを作ってしまうと、どれもこれもがそこに入ってしまいますので、追加しませんでした。
右にあるカテゴリ一覧はあくまで大まかな目安となります。それでも一応は気になる分野に飛べると思います。ご活用くだされば幸いですm(_ _)m
by zattoukoneko | 2010-02-08 20:25 | 雑記 | Comments(1)

失念していました……

昨晩思ったんです。
ここのブログでチュアブルソフトさんの応援をしていながら、肝心のその作品について詳しく述べてないや、と。
実はここ2,3日チュアブルソフトさんの過去作品を振り返っていました。さすがに全部やるのは無理なので、一部だけを振り返る感じですが。
そうしたら、涙は流すわ、身ぶるいはするわで、久々に「ああ、感動するってことを忘れてたなあ」と思わされました。
そしてその余韻が幾分か冷めてきた昨日の夜になって、「なんで自分はこれらの作品を紹介していないのだろう?」と疑問に思って寝つけなくなってしまいました。

ぶっちゃけて言ってしまえば、ここのブログの立ち上げ動機はチュアブルさんのバナーキャンペーンに参加したかったからなんですよね。それは最初のほうの記事を見てもらえれば確認できるかと。
まあ、そんなよこしまな気持ちだけで始めたわけじゃなく、ブログ紹介のところに書かれている通りに本やゲームの紹介をしたいなと思っていたのも本当なのですが(正確にはブログ立ち上げ当時、自分が読んだ本について感想文を書くというのをやっていました。執筆活動の練習のために。ただそのときは一日に3~5冊のペースで読んでいて――これでも相当意図して速度を落としているのですが――、とてもではないけれども全部については感想を書いていられないと。で、良作だと思ったもののみに絞って書いていたのですが、文章に手をつける時には頭の中で整理された状態。はてさてこれのどこに感想文を書く必要があるのか? 十年くらいは忘れないので記録しておく意味も薄いですし。そう思ったらやる気がなくなってきて、放り出しそうになっていたんです。そこに偶然チュアブルさんで「バナーを貼ってくれるサイトさん募集」とあったので、「ああ、HPやブログで人目にさらすようにすればやる気も出るかも」と思いついたのが実際のところです。まあ……いざやってみたら他人に見せられるまで昇華させるのに一苦労だったのであまり更新できませんでしたが)。

えーと、話が脇道にそれましたが、チュアブルさんの作品についてまとめなきゃならんなあと思ったのでそれの記事告知が今回の記事です。
とりあえずは事前に予告しているエジソンの話までは予定を変えないとして、それ以降にまとめてご紹介できればいいなあと思っています。
なお、横のリンクバナーからチュアブルさんのHPに行ってもらえれば商品紹介や無料体験版の配布、通販もされていますので、早く知りたい方はそちらをご覧ください。

さて、『Pure×Cure』あたりでもう一回泣いてこようかなあ……。
by zattoukoneko | 2010-02-02 09:23 | 雑記 | Comments(1)

美容室gally

今日以前言っていた、美容室gally下北沢店さんで髪を切ってもらいました。というか切り途中ですw

HPを作成したとのことでしたので今日はそこのアドレスを書き込んでおこうと思います。
私は店長の新田さんにしか切ってもらったことがないので他の美容師さんはわかりませんが、少なくとも新田さんはとても腕がいい人ですし、人柄も最高です。
前も言ったように下北沢付近でいい美容室を探している方は一度訪ねてみてはいかがでしょう?

b0118096_9334238.gif

美容室gally@下北沢

すぐに記事欄横にもリンクバナー貼ってみますね。
by zattoukoneko | 2010-01-17 18:42 | 雑記 | Comments(0)

リンクバナーを貼ってみました。

ブログ横にリンクバナーを貼る方法を知ったので、やってみました。
あるのはchuableソフトさんの連載バナーと通常バナー。
あと結構紹介してるなと思ったのでSQUARE ENIXさんのバナー。

ただ横が狭くて、あまり長いの置けませんでした……。下とか上に貼るのはできないんでしょうかね? ここのexciteブログを利用の方で、方法を知ってる方はぜひ教えてください。

それとスキンも変更です。
以前の方が気に入っていたのですが、今回バナーを貼るにあたり、前のだと小さめのものでも切れてしまったからです(今もスクエニさんの若干切れてる……)。
スキンによってはうまくいくのもあるのかもしれませんが、柄もそれなりにこだわるとこれしかなかったです。(ちなみに自分でスキンを作ることも可能みたいですが、正直めんどいです。それやるくらいならHPを作成した方が早い気がしました)

さてスクエニさんのリンクを貼ったのは、これから「キングダムハーツ」の記事を書こうとしているからです。
ていうか、これからの日程的に今書くしかないorz
書き始めは4日ですが、upされるのはどう考えても5日ですね。急いで頑張ります!
by zattoukoneko | 2010-01-04 23:41 | 雑記 | Comments(4)

囲碁三段取得&次回記事訂正

今確認しましたが、囲碁で(アマ)三段認定だそうです。一応日本棋院からの正式なもの。
というか三年ほど前にすでに三段は認定されていたのですが、免状取得料がバカ高くて(三段は八万円程度)、もらわなかったんですよね。たかだか三段ですし。
でも免状もらわないと履歴書などには書けないらしいので、取得するか悩み所です……。

ちなみに今はめっっっったに打ちませんが、ネット碁をやります。三年前から打ってなくて、先々月くらいにたまたま機会があって数局やったくらいです。囲碁の棋力はやってなくても落ちないってのは本当なんですね。
ただネット対戦した感じだと、前より明らかに弱くなってますね。初段あるかどうか……。
時間をかけて打てばもう少しいけるのかもしれませんが、ネットだと長考は嫌われるんですよね。一手20秒超えると、「遅い!」と思ってしまいます。まぁ私を鍛えてくれた人が一手10秒の制限で早碁で教えてきたので、それが染みついてるのかもしれません。今も一手に20秒かけることはないですね。終局時に380手くらいの対局でも、私が使った時間は3~5分とかなので。こんな感じで打ってるせいで、結構インスピレーションで打ってしまう。そうすると途中まで勝ってるのに、最後の方で大石取られて逆転、というパターンが多いです。もっと高段を狙うなら、きちんと考える癖をつけないといけないですね。


なお他の段位としては、
☆弓道二段(高校生には二段まで、という暗黙のルールがあります。特に私の出身の茨城県は日本で一番厳しいらしいです)
☆剣道初段くらい(正式に審査したことないですが、さすがに三段所有者には負けました)
☆英検は二級か準一。一部の私立大学は点数に加算してくれるらしいので。
あとは段級位があるものではないですが、
☆陶芸やってました。電動ろくろは教わらなかったのでできません、というか普通のお皿より形に一癖あるものが作りたかったので。これは大きさなどにもよりますが、一作品一万~五万くらいの値で売れるようです(買ってくれる人がいればですが)。まあ売らないですけど。ただ今でも市販の皿の相場は判断できます。最近は百円ショップでも良質なものに変わってきましたが、大体平均30円くらいです。0円とかも昔は沢山ありました。――なんか見分け方のコツとか紹介するのも面白そうですね。雑記の候補にしときます。
☆絵と標語がうまいみたいです。中学からはやってないからわかりませんが、小学校時代はほぼ毎年なんらかの賞をもらってました。一番大きいのは郡(出身がド田舎なのです)で募集された防災のポスター・標語入りで大賞だと思います。次の年から他の市の消防署に盗作されました(構図はまったく同じ、絵はプロ?が描いたので私よりうまいです。標語もほぼ同じ)。ただ(以前書いたように)私は赤緑色盲なので、色の濃淡がわかりません。下書きまでは誉められるのですが、色を塗ると怒られて、よく「木の葉には色の違いがあるでしょ? 光が透けてるところは明るくて、重なってるところは濃いじゃない」と言われてました。理屈はわかりますが、どうしても同じ緑にしか見えないんですよねぇ。━━話がそれました。次行きます。
☆陸上が得意ですかね。小学校の先生が元は体育専門で、徹底的に教わりました。走るのは短距離、長距離どちらもいけて、50メートルは6秒ちょいがベスト記録でしょうか? 長距離はタイムを覚えてないですが、中高のマラソン大会は300人中10位前後でしたかね。普段走ってないわりに下手な陸上部よりは速いみたい? 他の陸上競技は、遠投80メートルくらい。走り高跳びは150センチかな?(自分の身長くらいはいけた記憶が)。垂直跳びは80センチ強。他の記録は忘れました。ただどれも学年一位ではなかったですね。二番手争いをしてました。というか50メートルで一番遅い子でも11秒くらいだったのですが、これは普通ではないらしい? 歩くのも速いです。10キロ歩くのに一時間とかなので、時速10キロですか(ちなみに不動産屋などで告知されている「駅から何分」は一分に80メートルで計算されています。なので時速5キロくらい? 中学時代にやってた数学の問題は結構きちんとした値なのですね)。短い距離なら普通の自転車より速いかも? あとはー競技ではないですが、大学入学当初に記録を取られましたが、腕立ては200回で止められた記憶があります。腕立てなら片手指立てとかやってましたね。背筋は250キロ強。そして握力は15~17キロ(笑) 握力だけはないんです。効率的な力の使い方を工夫してたので、握力は育たなかった……。フライパンが重くて仕方ないです;;
☆水泳もいけます。専門は平泳ぎですが、クロールとかもいけますね。これも小学校の先生に叩き込まれました。平はクロールやってる人よりずっと速いです。クロールならもっと速い。持久力としては平なら何十キロでも。クロールはあまり練習しなかったし、スピード重視で覚えたので距離はでないです。両方とも型を徹底指導されたので、TVなどで映ってるどこかの金メダリストの形の悪さが気になります。(水泳だけでないですが)筋力だけで何とかしようという風潮がスポーツ界の多くであるみたいですね。きちんといかに効率的に動くかが研究されているのに。(ちなみに某選手はきちんとトレーナーがついてからは形が修正されましたね)
☆そして球技がからっきしダメorz 正直ルールがわかりません。気づいたらみんなが覚えててやっていて、私は取り残されました。ていうかみんなが集まる学校まで遠すぎ。やらないでいるままでいたら、どんどん取り残されました(涙)
☆その他(趣味)。扇子が好きです。近年は買ってませんが、前は毎年3万くらいの買ってました(でもことごとく紛失)。万年筆も好き。今持っているのは8万くらいの。いずれは数十万台のを数本買いたいものです。あと趣味ではないですが、人がどこの筋力をどう使っているのかわかります&力の向いている方向がわかります。フィギュアスケートやバレイなんかで、腕から手まで、どこまで意識して伸ばしているかが一目です。ただ最近はフィギュアは何でもありみたいですね。ただのウケ狙い、点数稼ぎで、正直美しくない。私は村主選手が好きで、この人は伸ばすのをあえて意識的に途中で止め、手首なんかを曲げて演技としても美しく見せる人でファンです。伸びができるのにあえて少し緩めるのがいいですね。


なんか書きすぎた……。囲碁の報告だけのつもりだったのに( ̄~ ̄) 文章書き始めると調子に乗るのが問題ですね。自重しよう。
なお、この囲碁の報告だけでなく、次回記事の変更をお知らせしたいです(むしろそれがメインで書き始めたのですが)。次はキングダムハーツを取り上げます。以前に「KHⅡ FM+」を取り上げましたが、その後の作品で感想が変わりました。9日に最新作が発売なので、その前にこれまでの作品の総評をしたいです。
by zattoukoneko | 2010-01-03 13:02 | 雑記 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14
>>実は同性愛者の多くは..
by zattoukoneko at 03:16
具体的に「差別」の後のこ..
by zattoukoneko at 02:55

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。