【期間限定公開】『雪の音に沈む街』オマケエピソードPart. 7

 今日は朝早くからお母さんとお散歩です。空は突きぬけるように青く、気持ちの良い晴れでした。陽が昇る頃にはきんと冷えた空気で満ちるほど気温は下がっていたのですが、今ではそれを感じることもありません。
 ただお母さんにとっては日差しが強すぎるのも困りものです。雪女でしたし、常に体を冷やし清めていなければなりませんでした。
 でも今日のお母さんは大丈夫そうでした。それに何か考えがあるようです。
 向かった先は鏡の湖でした。
 お母さんは湖の縁でしばらく何かを確認していましたが、やがて岸から湖面へと体を移してしまいました。
 湖の上からお母さんが呼びます。
「水が凍っているから乗っても大丈夫よ。この上なら涼しいし、ずっと一緒に居られるから」
 雪音はなるほどと思いました。氷の上ならば、下から反射した冷気を体に感じることができます。太陽の光は熱いままで、それほど澄んだものにもなりませんが、地面の上にいるよりは大分ましだと感じます。
 けれど雪音はなかなか下りることができませんでした。岸から足を伸ばしはするものの、湖面に付く前に引っ込めてしまうのです。
 いつもなら元気に、臆することなく、山を駆け回っている雪音です。お母さんは疑問に思い、それから理由に気付きました。
「大丈夫よ。お母さんも乗っているでしょう?」
 言いながらお母さんはぴょんと跳ねたというか、体をちょっと伸び縮みさせました。どうやら跳び上がるのは得意ではないみたいです。
 雪音は以前この湖に落ちて溺れたことがあるのです。お母さんのことは信じています。けれどどうしても怖かったのです。
 それにお母さんはすごく体重が気がします。ほっそりとしていて、色も透き通るように白くて。雪女であっても体重は人と同じようにあるのですが、お母さんの漂わせる儚さがそう思わせるのか、持っているはずの体重もほとんどない感じがします。
「むー」
 雪音は一つうなった後、意を決して飛び下りました。さすがに子供の自分の方がお母さんより軽いことはわかっています。だからあとは気持ちの問題でした。
 急に人が乗ったからか、湖面が揺れた気がします。けれど雪音は溺れることなく、きちんと氷の上に立つことができました。
 お母さんに手を引かれながら、雪音は湖の中央まで歩いていきます。周囲は広くなり、また足の下にある湖は深さを増していきます。鏡の湖は水が綺麗でしたから、氷も透き通っていて本当にあるのか不安になるほどでした。足にはしっかりとした感触が伝わってきてるのに、まるで水の上を歩いているようでした。
「怖い?」
 あまり雪音が足元を見ていないことに気付いて、お母さんが声をかけてきます。雪音は素直にうなずいて応えました。
「氷の先の湖は綺麗よ。一度見てみるといいわ。氷は丈夫だし、もし万が一にでも落ちてしまったらお母さんがすぐに助けるから」
 お母さんなら信じられます。氷よりもお母さんの決意の方がずっと固いことを知っていますから。
 雪音は繋いでいた手を離すと、そっと氷の上に屈んで四つん這いになりました。
 視線の先、湖の中が良く見えます。それは岸の近くとはかなり違った風景でした。湖底はずっと先の方にあります。生えているいくつかの枝は、どこからか流れてきたものでしょうか。小さな魚が手の届きそうな距離で泳いでいるのも見えます。まるで自分は宙に浮いているかのようでした。
「……あれ?」
 そこで雪音は不思議なことに気付きます。目の前にいる魚は動いていないのです。
「氷に閉じ込められちゃったみたいね」
「死んじゃってるの?」
「大丈夫よ。冬眠をしているようなもので、氷が融ければまた元気に泳ぎ出すわ」
「じゃあ、今のうちに捕まえて食べる?」
「えっと……氷の中だから掘り出すのは難しいかしら……」
 不思議なものを見たと思いながら、雪音は立ち上がります。普段と違う湖の姿は神秘的でした。でもやっぱりお母さんのそばの方がいいです。
 雪音は母に駆け寄ろうとして、しかしそこで思いっきり足を滑らせてしまいました。
「雪音!」
 勢いがついていたこともあって、雪音はそのままつるつると滑っていってしまいます。お母さんは自分まで転倒してしまわないようにしながらも、急いで娘の元へと向かいました。辿りついた先、雪音はきょとんとしています。不安になって声をかけようとしたら、大きな声で笑い出しました。
「面白ーい!」
 それから今度は自分の力で体を押し、氷の上を滑走し出しました。
 取り残されたお母さんは目をぱちくりさせます。
「えーと……」
 そういうことをしに来たわけではないのだけれど、怖がることもなくなったし、良かったのかしら?
 その答えはすぐには出そうにありません。
 とりあえず向こうの方まで行ってしまった娘を追いかけることにし、頭の中から疑問を振り払いました。

   *おしまい*
by zattoukoneko | 2012-09-16 21:26 | 小説 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14
>>実は同性愛者の多くは..
by zattoukoneko at 03:16
具体的に「差別」の後のこ..
by zattoukoneko at 02:55

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。