【期間限定公開】『雪の音に沈む街』オマケエピソードPart. 5

 ユキの体が、次第に融けていきます。冷やして固めておくだけの冷気が、もう体の内にありませんでした。水になるわけではありません。透けるようにして空気の中に消えていくのです。指先や腕から存在感が失われていき、薄く広がった命は、やがて雪となって地面に降り積もります。
 自分の体が全部消えてしまうその直前、ユキは洞の中で目を覚ましました。
 心臓が早鐘を打っているのを感じます。死期が迫っていることには気付いていました。死ぬことの覚悟もできているつもりでした。それでも死ぬのは怖い。自分の存在が儚く消えてしまうことが怖い。恐怖に押し潰されそうになりながら、何とか体を起こします。
 そのときになってようやく、自分の体に娘の雪音が手を乗せているのに気付きました。雪音はすやすやと穏やかな寝息を立てて寝ています。
 娘の手が乗っているお腹の辺りが、温かくなっていました。
 この子を人間として育てることを決意し、そして彼女に悪い影響が出ないようにするため雪女の力を使うのを禁じたとき、そのときにすでに自分は死を受け入れていました。人間の温かさをそばで感じながら、体と心を冷やさなければ、いずれは融けてしまうのは自然なことです。
 もう大分前のことになってしまいますが、ユキは人間として生活をしていました。愛する人ができ、子供も授かりました。けれど冬の山で凍えながら子供を亡くし、愛していた人に裏切られたのだと知ったとき、心を氷漬けにされて雪女に変えられてしまったのです。
 ただ雪女として人々を襲うことはしませんでした。永久に続くかとも思われる寿命を、独りだけで終えようと考えていました。
 けれど死にそうになっている人を見捨てられるほど冷酷にもなりきれていませんでした。山で遭難し、大怪我を負っていた男の人を、少しの間だけ洞の中につれてきて介抱したことがあるのです。その人は一度街へと帰りましたが、その後何度もユキの元を訪れました。彼はユキの持っている優しさとかわいさを伝え、その象徴として赤い髪飾りを贈ってくれました。そうしながら人の温かさを教えてくれました。気付くとその人のことを愛していました。
 雪音はその人との間に授かった子供です。だから雪女と人間の、両方の血を引いているのです。
 娘には父親のことは偽っていました。自分の病気を治す方法を求めて、人の街で懸命に探しているのだと、そう告げてありました。本当のことを知れば、この子は大きな苦しみに包まれることでしょう。
 ユキは、愛する娘とずっと暮らし続けることはできません。そう遠くない日に、夢で見たように融けて消えてしまうはずだからです。
 娘がその後どのようにして生きていくのかはわかりません。ただ人間の温かさについてだけはきちんと教えておこうと思っています。それがユキの感じた、最も大切なものだったからです。
 寄り添って寝ている雪音の頭を、そっと撫でます。そうすることでユキは温かい気持ちになれました。
 まだこの子を生んでいいものかどうか悩んでいた頃、一匹のウサギに会ったことを思い出しました。ユキよりずっと長く生きていて、人の言葉を解する不思議な存在でした。そのウサギから言われたのです。ずっと山の中に独りでいて、それは寂しくないのかと。彼は仲間を求めてずっと旅をしている孤独なウサギでした。
 今ならその指摘が当たっていたとわかります。雪音が本当に愛おしい。二人でいると幸せな気持ちで満たされるのです。
 寝ている娘を起こさないよう、優しく頭を撫で続けます。その行為は自分の寿命を急速に縮めるものでした。温かくなった心が、冷たい雪女を融かしていきます。
 だから何だというのでしょう。
 大事な娘と、その子と過ごす幸せな時間。それと自分の命を比べ、どちらかを選び取ることに、迷うことすらあるわけがないではないですか。
 まだまだ夜は深い時間です。雪音は朝まで目を覚まさないでしょう。今日も二人でどこかに出かけようと思います。山の中を散歩するくらいしかできませんが、どこに行っても楽しいことでしょう。
 母娘で手を繋いで歩く様を思い浮かべつつ、ユキはしばし雪音の頭を撫で続けていました。

   *おしまい*
by zattoukoneko | 2012-09-14 19:52 | 小説 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14
>>実は同性愛者の多くは..
by zattoukoneko at 03:16
具体的に「差別」の後のこ..
by zattoukoneko at 02:55

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。