【小説連載】【短編小説】『紅ひらり』第三話


「私、木々が紅葉するこの季節が一番好きなのです」
 そのようなことをとある大きなカエデの木に触れながら口にしました。大きいといってもあまり太くはならない樹木です。ただ威風堂々としていて、そして厳かな雰囲気を感じさせるから『大きい』のです。
 その木は楓様の本体でした。里山に最も古くからあるカエデです。
 けれどそれは勘違いだったようです。楓様が苦笑しながら訂正されました。
「最高齢はわたしではないよ。ずっと前から林を見守ってきた方が別のところにおられる」
「あ、そうでした。御神木様もカエデの木ですね」
 ここよりもう少し奥へ進んだところに、注連縄の巻かれた一本の御神木があります。ただ私は敬うべきものという意識が強かったので、それをカエデだとはあまり意識していなかったようです。
「神木となられたのは舞が幼い頃だったからな。それも致し方のないことだろう」
「その当時のことはよく覚えているのですけれどね……」
「そうだな。呉葉が死んで舞が一人取り残されたのもその頃だった」
 一人で取り残された私は守ってくれる人を失い、紅い髪のせいで村の子供たちにいじめられてしまいました。里山の中に逃げ込み、泣いていた私の目の前に現れたのが楓様でした。
 御神木様とは異なりますが、私にとって、楓様はそのときから特別な存在になりました。そもそも他のカエデの木には人の姿で現れる方はいません。それに楓様も私だけに特別その御姿を見せてくれるようです。
「他の木々には人の姿を作り出すほどの力が備わっていないというのもあるけれどもな。ただ幼子が泣いているのをわたしは放っておけなかったし、それに舞のその美しい髪色に惹かれたのだ。気付いたら人の姿を取って頭を撫でていたよ」
 ちょうど色付いた葉々が宙を舞うこの季節のことでした。楓様と出会ったときの驚きと安らぎを覚えているから、この時期が一番好きなのかもしれません。
 そんなことを考えていたら、ふと母から聞いた話を思い出しました。
「花や木に何かしら意味のある言葉を付ける風習があるのだそうです。カエデだと『大切な思い出』、『美しい変化』、『遠慮と自制』だとか。いくつかの言葉があるのは地域によって異なるから。母はそこまで教えてくれませんでしたが、先日楓様から聞いた話と合わせると商人をしていた父から伝え聞いたことなのでしょう。この村には花言葉や木言葉はありませんし。でもどれを取ってもよく合っているなと感じます」
「そのようなものがあるのか。美しい風習だ。だがカエデそのものであるわたしには合っているかどうかわからない。あくまで人が受けた印象を言葉にしたという気がする」
「そうかもしれません。ですがそれこそが大事だと私は思います」
 カエデは紅葉することによって、その色を美しく変化させます。けれど儚いものではなく、見る人に強い印象を残します。燃えるようなその色は、しかし自制されて攻撃的な感じではありません。だから人は、秋の景色として紅葉した山を大切な思い出の一幕とするのではないでしょうか。その様子を林の中にいるカエデそのものは見ることができません。人だけが眺めることのできるものです。
 それに私の身近にはより印象的な存在がいました。楓様には木言葉がそのまま当てはまるように思えたのです。
「楓様は幼い私の前に突然姿を現されました。まさか木が人となるなんて思ってもいませんでしたし、だから最初は本当に驚きました。けれど神に近しい存在であるはずの楓様は、子供の私に丁寧に話しかけてくれました。艶やかなその御姿と、その遠慮深いとも思える優しさが、いじめられて傷付いていた心を穏やかなものに変えてくれました。今でも楓様はこうして私のそばにいてくれます。すべての始まりはあの出会いだった。だから大事な大事な思い出です」
 言葉を紡ぎながら、自然と頬がゆるんでいくのを感じます。どうして笑みを浮かべるのか自分でもわかりません。ただ心がぽかぽかするのです。
 そうして視線を上げた先、楓様は眉間に皺を寄せていました。
 首を傾げて見上げると、こちらに気付いた楓様が訊いてきます。
「舞はわたしとの出会いを大切な思い出にしているのだな?」
 その通りです。それは先程も述べたことのはずです。だからこそ楓様が厳しい顔をしている理由が皆目わかりませんでした。
 戸惑う私に説明してくれます。
「カエデは自分たちの様子を外から眺めることができないから木言葉がわからないのではないかと舞は考えた。ならばそれは人にも当てはまることではないか? 人は人言葉というものを自分たちに用いておるか?」
「それは……」
「あのな、舞。わたしからすれば美しい変化をするのは寿命の短い人間の方なのだよ。事実舞は齢十六となり大人となった。一方でわたしは何も変わっていない。そういうことなのだよ」
 楓様はそこで一度言葉を区切られました。そしてより一層難しい表情になって続きを口にされます。
「けれど最近ふと思うのだ。舞は年齢や見た目の割に、その実何も変わっていないような気がすると」
 私は何も言い返すことができませんでした。母が死んでからは日々の糧を得るだけで精一杯でしたし、正直に申し上げれば変わる必要も感じていませんでした。
「それは妙なことだよ。すべてのものは変わるのが自然なことであり、変わるべきでもある」
 話し終えた楓様は私をとある場所に連れていくことにしたようです。促されるがまま私はそれに従います。
 歩き出す私たちを、周りの木々が何も言わずに見送ります。ひらひらとその美しく色付いた葉を宙に舞わせながら。


   『紅ひらり』第四話へ
by zattoukoneko | 2012-06-26 04:38 | 小説 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

また私は、感情と常識(あ..
by zattoukoneko at 06:20
反差別さん、コメントあり..
by zattoukoneko at 06:19
最後です。 それ以..
by 反差別 at 14:07
続きです。 ・「性..
by 反差別 at 14:06
続きです。 ・「実..
by 反差別 at 14:06

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧