ゲームは人を凶悪犯罪犯にするか

コンピュータゲーム(以下「ゲーム」と表記)の残虐描写が時に人を凶悪犯罪に走らせる危険性があると語られることがあります。今では非常に多くのゲームが出回っており、この言説はほとんど説得力を持っていないかのようにも思えます。しかし一方でCEROなどの推奨年齢基準も設けられ、メーカー側でも年齢の低い子供に残虐シーンを見せないようにする配慮が取られているというのも事実です。
では本当にゲームで人は犯罪者になるのでしょうか? このことを今回は考察してみようと思います。


多くの否定論者が言っているのは「ゲームで犯罪者になるならみんななっている」とか「映画やドラマ、小説、あるいは漫画やアニメの影響でもなるはずであり、そちらの影響が大きくなるはずであるが、そのような傾向はない」というものです。ある程度納得はしますが説得力に欠けます。人によってゲームやその他のものから受ける印象は異なりますし、統計もきちんと取られてはいませんから(どのようなゲームや本に親しんできており、それと相関関係が見られるかどうかをすべての犯罪者について調べるのは難しいことです)、見落としをたくさんしている可能性があります。
私が似たようなものでありながらとても説得力があると感じたのは、確かNHKで今回と同じ問題について討論しており、様々な論者や親御さんから代表として質問を受けることになった『バイオハザード』のディレクターである三上真司さん(だったと思うのですが、当時の映像が手元になくて確かめられていません。間違っていたらすみません……)の言葉でした。それは「ゲームによって凶悪犯罪が助長されるという可能性はある。しかし一般の子供たちがバイオハザードのようなゲームをやっても犯罪者になることはない。助長され得るのは元から犯罪を起こす要因を持った子供が手にした場合である。これは小説やテレビ番組でも同じことが言えるだろう」というもの。この発言の瞬間、ゲームを批難していた人たちが黙りこくってしまったのも印象的でした。三上さんの立場は「ゲームも犯罪をより凶悪なものとする可能性がある」ことを認めながらも、「犯罪を起こす動機は別にあるのであり、ゲームにのみそれを求めるのは筋違いではないか?」ということになるかと思います。これはまだまだわからない要因があるものであるし、だから自分たちの非をある程度認めつつも、それのみを第一要因とするのは他の大事なものを見逃しているという鋭い指摘をしたものだと感じます。実際の成立経緯はこれとは直接の関係はありませんが、このような流れを汲みながらCEROなどの審査基準が出来ているとしたら、それは消費者にとってもメーカーにとっても良い作品を作る上でとても重要な働きをしていると言えそうですね。
なおこうした偏見が一番大きくメディアに出てしまったのが1988年頃に起きた宮崎勤による幼女連続殺人事件(東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件)だとよく言われています。宮崎氏は自宅に数千ものビデオテープを所持していましたが、報道では「ロリコン、ホラーもののビデオがたくさんある」と伝えられてしまいました。しかしその類のものは全体の中でもごく少数であり、過大な報道の仕方をしてしまった例とされています。ただしこれらやその他のビデオテープをたくさん所有していることが何の影響も与えなかったと言えるのかどうかは現在でもはっきりとしたことは言えないのではないかと思います。なのでこの例だけを持ち出して「影響はない」とするのもやはり誤りではあるかなと感じます。


さてゲームが脳に与える影響、つまり直接身体に悪影響を与える可能性はないかということも研究されています。ゲームは光刺激が他のものより強く、また音声もついています。また自分で操作をするという点もドラマなどとは異なる。これらのことからゲームの影響を探ろうというのが一つのテーマとなっています。近頃ではNintendo 3DSが幼い子供には危ないとされる研究が出され、任天堂がそのことを伝える方針を打ち出しましたね。
残念ながらゲームが実際に脳に影響を与えるかどうか、確定的な研究結果は出ていないように感じます。しかし発育途中の子供が長時間プレイした場合は脳の委縮につながるなどの研究論文も提出されており、まったく影響がないということはなさそうです。この辺りの研究は今後も進めてもらい、ゲーム会社などに指標の一つとして取り入れてもらいたいところです。
一方で脳に影響があるとして、これだけに犯罪の原因を押し付けるのもまた問題でしょう。実際の統計が出ていないとしてもゲームをやった人の大半が罪を犯すなんてことはないのは自明です。ですから犯罪抑止という観点からすれば他の要因との繋がりも考え、ゲームはどのように制御されるようにしていくべきかを考えるべきでしょう。


なおゲームには良い影響もあることはわかっています。たとえば「東大合格者の多くがゲームを好んでプレイしている」とか。ゲームは脳を使う遊びですからそれによって知能の強化が望めるのではないかという声があります。ただし先の「東大合格者の~」は注釈を付けなければならなくて、ただゲームをしているわけではなく、その攻略法を自分なりに考えている人が多いと述べておきます。つまり彼ら彼女らはゲームを通じて一種の『研究』をしているということ。その中で他の人より優れた思考能力を身に付けていっているようです。例を挙げるとレーシングゲームでコンマ一秒以下のタイムを更新するために、その効率的な走行ルートを考えるなど。単純に最短距離を走ればタイムが短くなるわけではなく、この辺りが難しい『問題』となっているのでしょうね。
こうしたことを考えるとゲームが犯罪の一因になり得るというそれだけで排除しようとしてしまう動きは駄目ではないかと感じられます。ゲームだけでなく他のものもそう。インターネットなんかは嘘や害になる情報がごろごろしていますが、使い方を間違えなければ自分の知りたい情報をすぐに引き出せたり、あるいは自分がそれまで興味の無かった分野に関心を持つ手がかりになったりします。したがって“どのように付き合っていくか”を今後考えていくべきであり、それを詰めるためにもゲームの与える影響を悪い方も良い方もどちらも探っていくべきなのかもしれません。



ということで最初に掲げた問題に対する明確な答えは出ていませんが、そういう状況にあるからこそ考えるべきことが他にあるのではないかというのが私の立場。その中の一つとしてゲームの影響を考えればいいのではないでしょうか? その基盤が抜けたまま「悪い!」とか「そんなことはない!」と主張していてもあまりお互いの益にはならない気がします。
今回はこのような締め括りでおしまい。なおこのブログ筆者は大のゲーム好きですが、やる時間がないためほとんどタイトルを知らないという。FFXIII-2はやったから記事にできるけれども、求められるのネタばれのような感じがするしなぁ?(←実は結構やってないだろうか)
by zattoukoneko | 2012-03-04 16:59 | 社会・経済 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

その視点はなかった! ..
by zattoukoneko at 02:02
興味深く読ませていただき..
by 通りがかり at 19:39
以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。