twitterについて考察

今Twitterというのが流行ってます。売りはゆるーく繋がれて、会話を楽しめるということのようですね。
私は前々から応援しているチュアブルソフト様がこのtwitterを利用し始めまして、その情報を時々もらうためだけに三月頃からアカウントを持ち始めました。
で、五月に入ったら同じチュアブルファンの方からフォロー(会話を見させてー、ってこと)されまして、ここから交流が始まりました。これ、やってみたら面白いのですよ。
が、それと同時に問題も発生しました。わけわからない人からフォローされるのです。私とはまったく興味関心の異なる人や、「業者」というやつですね。
また最近ではこのtwitterのログ収集なんていうのがどんどん盛んに行なわれているようです。また「twitterをつかってネットストーキングしたいんです」なんて言うと簡単に研究費がおりるらしいです。
基本的にtwitterというのは発言した瞬間に全世界の人に見られるものです、と利用規約にも書いてあり、自分の発言は自己責任で行なうこととなります。またログを集めること自体は違法ではありません。またこのログ収集を使って同じ興味の人を探すのももちろんOK。これで交流が広がればいいわけですし。またフォローしなくても、何がそのときの話題なのかをリアルタイムで見れたりします。こういう利用方法も当然あり。
ですがこれを悪用する人もいるのですよね。ちょっと試しに私はどのくらい簡単に個人情報を抜き出せるのか交流仲間にお願いしてやらせてもらいました。
――これ、超簡単。私、20分でその人の生活リズム、趣味、学歴、仕事内容、出身、最近の活動なんてのをおおまかに調べられちゃいました(これ、やり方書きません。悪用されたら困りますから)。ここからさらに他のツールとか調べれば本人特定すら余裕だと思います。ただ……私はこれちょっとやっただけで罪悪感に苛まれました。調査のためにと割り切って始めましたが、人間心はついてくるものですね。私には無理でした。だからその友人に、どのツイート(コメント・メッセージのようなもの)を削除し、今後どうしていくべきかを伝えておしまいにしました。
あとはどれだけログ収集がなされていて、業者や悪人がそれを利用しているか調べようと思いました。が、これとてつもないスピードで拡大していっていて、調査しきれません。特に個人でログ収集のシステムをつくられるとそれを見つけるのは難しいですから。
というのがこの記事を書いている2010/05/22の4:49の状況です。
これの1時間前にちょっと気が向いて簡単にツイートした内容があるのですよ。ちょっとそれをそのまま今回は転載してみようと思います。
なお行換えとかが入っていないのと、短い文章で千切れているのは、twitterにそもそも140字までしか書き込めないという仕様があるからです。
やや読みにくいです。そしてほんとに“つぶやき”です。特になーんにも考えてないです。ツイートするってそういうことなので。ただちょっとそのまま全部消えるのも少し惜しい気がしましたので、ここに丸々転載することにしました。

   ***

電気通信史雑学。なお、こんなの専門書50冊も読めばわかることなので、私にとっては捨て話。こんなの見てフォローしてくる人は当然お断り。ということでまずはキーワードを並べてみましょうか。

有線/無線電信、信号、モールス信号、電話、ファックス、アレグザンダー・グラハム・ベル、イライシャ・グレイ、エドウィン・ハワード・アームストロング、第一次世界大戦、アマチュア無線家 etc.

そもそも電信によって送ることのできる信号というのは極めて単純なものであった。「トン」と「ツー」だけである。記号で表せば「・」と「-」となる。これは電気というものが当時扱うことができなかったから。

送信はもちろん電気を瞬間的に流す「トン」と少し長く流す「ツー」で操作する。議論の中心とするのは受けて側の話だ。電気信号を受け取った人間は、それを「紙に表記する」。これは仕組みがとても簡単で、ただ針の動きで紙にインクをつければいいだけだ。なおこれを改良したのが若きエジソン。

これはその後のグレイのファックスの発明を考えればすぐわかる。グレイはベルと多重電信方式と電話の発明で争った人物として有名だが、彼は多重電信の発明のときからこの電気信号を紙に書くのを使って、絵を描けないかと考えていた。これがファックスとなり、彼は巨万の富を得る。

一方でマルコーニによって無線電信が広められ、さらに鉱石ラジオが普及すると多くのアマチュア無線家が出てきた。しかし彼らは信号を紙に書くことはなかった。そもそもそれだけの技術を設置するスペース(ガレージや屋根裏でやっていた)がなかった。そして一番重要なのは、「信号が長すぎた」こと。

今ではモールス信号が一般的によく知られているし、当時のアマチュア無線家もこれを使用して多くの人と交流した。だがモールス信号は、一文字を表すのが長すぎた。たとえば欧文符号でピリオドは「・-・-・-」なんて長さになる。これで会話するのは無理というものだ。

そこで考えたのが、「紙に書かずに直接耳で聞いてしまおう」というもの。これはアマチュアの発案だ。マルコーニ無線会社の技師などは当然のように紙に書いてから解読していた時代。日本でもいまだに電報なんてのが残っている。

アマチュア無線家はあっという間にプロを抜き去った。彼らは信号を受信した瞬間にその意味を理解する。そして瞬時に返事を返した。このスピードがなければその後無線電信やラジオなどは発明されなかっただろう。

こうしたアマチュア無線家の代表例は後のRCA社長・会長のデイヴィッド・サーノフ、エドウィン・H・アームストロング、そしてKDKAの設立のきっかけをつくるコンラッドだろう。特にサーノフはタイタニック号のSOS信号を長時間受信した人物として有名になり、アメリカンドリームを手にする。

またアームストロングはスーパー・ヘテロダイン方式の発明の親である。現在日本ではデ・フォレストの方を「ラジオの父」などと呼んでいるが、そもそも『Father of Radio』はアームストロングとの特許争いのために書いた自己の宣伝本だ。このことを知らない研究者が多すぎる。

アームストロングはWWⅠに従軍した。これはアマチュア無線家にとって当たり前のことであり、名誉とされた。実際彼らの活躍によって飛行機に無線を積んだりするといった技術が開発され、帰国後はHeroと讃えられた。

このときにアームストロングに課せられた課題というのが、ドイツ軍の無線を傍受することだった。当時ドイツは高周波を用いて無線通信をしているのではないかとされていたのだ。ただしこれは後に誤りとわかる。

アームストロングは低周波と高周波を混ぜ合わせることで中間波を生み出すことを考案する(これは元々ヘテロダイン方式としてあったもの)。これをオーディオンを用いれば受信した電波を大きくすることができると考えた。彼は大学時代にすでに再生式回路でこれをやっていたから自信があった。

こうした経緯からスーパーヘテロダイン方式は生み出され、今でこそ真空管は廃れたが、それでも世界のラジオの98%がこれを採用されていると言われている。

さて話は信号の話に戻るが、当然軍は信号を頻繁に変える必要があった。さもなければすぐに解読されてしまうからである。WWⅡで日本の信号がすべて読み取られていたという話は有名だ。真珠湾攻撃のときもアメリカは米国の日本大使館がそれを読み取るより早く攻撃に備えていたとされている。

したがって信号というのはたくさんある。ここ100年のメジャーなところ(無線電信に限り、無線電話などのその他の無線通信は除く)でも1万から10万という数にのぼる。ただ、これらは軍のような限られたところでのみ使うもので、一般的にはモールス信号が交流しやすい。

こうした理由からWWⅠから帰ってきたアマチュア無線家たちは、その後もモールス信号を使って会話している。アメリカ横断のリレーなんていうのが代表的だろうか? また大学内でも研究が行なわれ、一つの成果として時報が生まれた。

この時報は(音が聞き取りやすくされたが)今でも使われている。「ポン・ポン・ポン・ポーン」なんていうのは元々「トン・トン・トン・ツー」という初期の頃の信号を利用したものから出てきている。これが人気でアメリカ全土、そして世界中に広まったわけだ。

一方でモールス信号なんていうのではなく、もっと高度な信号受信を考え出すアマチュア無線家がいた。それは「音声」を送受信すること。これはすでにフェッセンデンが『O Holy Night』を1906年の12月の24日に簡単な無線技術で成し遂げていた。

戦争から帰ってきたアマチュア無線家たちは軍からもらった真空管を手にしていた。これらは当時非常に高価なものだった。彼らはこれを使って、さらに高音質で広域に放送できる無線を生み出そうとした。これは後にRadioと呼ばれるようになる。

この試みの代表格がコンラッドだ。彼は戦争前からすでに実験をしていたが、仲間と協力して自分のガレージから放送を行い、どのくらいの人たちが、どのくらいの感度で聞き取れているのか無線で呼びかけた。このときに音楽を利用した。

これに地元の音楽販売会社が、自分の店の広告も流すという条件でレコードを提供し始めた。すると瞬く間にこれは人気を博し、そして地元の新聞に取り上げられる。

この記事を彼の上司がたまたま見つけた。そしてただちにコンラッドを召喚。会議にかけてこの放送をもっと大規模にできるかと問いかけた。コンラッドの返事は――Yes. だった。不安など微塵もなかった。

こうして世界で最初期のラジオ放送会社であるKDKAが設立される。最初の放送は1920年の11月2日。この日に大統領選挙があったのだ。だからこの日に間に合わせた。放送は大好評で、コンラッドの勤めるウエスティングハウス社は注目を浴びた。

しかしウエスティングハウス社がKDKAを設立したのは、放送自体が目的ではなかった。これによって自社のPRができ、また自分たちの売っているアマチュア無線機器(当時はまだ一般向けのものはない)が売れたら、ということであった。したがって今のラジオやテレビとはまったく異なる。

現在のように広告によってラジオ放送自体で収益を得るというのは、AT&Tが始めた有料放送システムがきっかけとなる。AT&Tはすでにアメリカ全土に電話線を引いていたから、これとラジオを繋げた。これによって通信距離の短いラジオの短所を補ったのである。

AT&Tはこれを、会社の宣伝に使ってくれ、と売り出した。1時間でいくら、というような感じだ。つまりまだここには「宣伝」しかない。

しかしまだまだラジオなんてものはどれだけ価値のあるものか未知の時代。そもそもラジオ自体が普及していないのだ。当然のことながらほとんどの時間は何も流されなかった。

こうなるとそもそもシステム自体の存亡が危うくなる。そこでAT&Tのスタッフはとりあえず空いている時間を自分たちのおしゃべりで埋めてみた。そうしたところ――これが面白いと大好評を得たのである。そして次第にその時間を増やしてくれ、と同時にそれに投資する形で宣伝を入れる会社が現れた。

つまりこれが今のラジオ放送の始まりである。AT&Tも自分たちで放送内容を考え始めるようになる。これが番組programmeの始まりなのだ。

なお、今回は本当にざっとした話でまとめてみた。放送Broadcastingというのはもっと前から始まっているし、他にも収入を得るにはどうするか、国はどう関与するか、そして最も大事な国際比較を何もしていない。ということで今述べたことはせいぜい大学1年生のレポートのレベル。

さて最後となるが――どうもこのtwitterというのもこの初期のラジオなどの歴史と似ている気がする。個人もどんどん発言できるし、会社もそこに加われる。まったくもって草創期のラジオのときと同じ状況だ。

ただ一つ違うとすれば、アマチュア無線家たちは誇りをもって自分たちの“研究”をし、企業もその使い方に頭を悩ませ、いかに倫理を守るかを考え続けた。だがどうやら現在twitterを利用している「企業」の多くが何も考えていないらしい。私はとても残念だと思う。

今後このtwitterというのがどう使われていくのか、私は興味がある。すでに倫理をもった「企業」はいるようだが、一方でそういうことを何も考えていない「スパム業者」もたくさんいるようである。あるいは悪質な個人も。

私はこのtwitterというのはなくならないと思う。まさに交流としてうってつけのものであり、企業も倫理を守ればちゃんとしたPRとなる。だから消えないだろう。が、昔のラジオに熱中したRadio Boyと違って、道徳を持たない人も多々いる。これは今後どう解決されていくのか興味深い。

   ***

と、まあこんな感じです。
軽いですねー。内容薄っぺらいw
でもこれ読んだらtwitterって少しどういうものかわかりません? 少なくとも現状ではすごく危ない交流ツールということはわかるかと。これを読んだ方はちょっと考えてくれると嬉しいかもしれないです。

あ、なお最初に「チュアブルソフト様の情報が欲しくて」と言いました。
ここはとても良心的で倫理にすぐれた会社です。twitterの使い方もお見事(だからこそ私はおかしな人たちにさらされて大きな戸惑いを覚えたのですが)。
また私自身もtwitterを持っているといいましたが――読んでくれた方はわかりますよね? 私、これ個人的な付き合いと思ってやってます。そしてとても人として優れた方々とのみ交流しています。さらにチュアブルソフト様を心から愛している人で固めてます。それ以外の人には(それがたとえ良心的な人であっても)入ってきてもらいたくないです。他の交流仲間に飛び火してほしくありませんから。

ま、ネット上での交流は難しいですね。でもいい人と巡りあるとそれはそれで力になる。趣味の違う人とか、見方の違う人の意見とか聞くと、『なるほどなあ』とうならされます。
twitterにはまる気はないですけど、でもこういう交流は続けていきたいな。直接会っての会話ではないですけど、何の気にはなしに始めて、そして偶然結ばれた絆を私は大事にしたいですね。これも一つの運命ですから。
by zattoukoneko | 2010-05-25 01:26 | 社会・経済 | Comments(3)
Commented by zattoukoneko at 2010-05-25 01:36
と、今回変な時間に投稿してますよね?
これtwitterでの自己防衛のひとつ。いつ帰ったとか、寝る、とか書くと、簡単にネットストーキングされるのですよ。
私は現在ほぼ24時間起きていますから、こんなことしてネットストーカーを混乱可能。でも普通の人は無理ですよね。

twitterで、ただ適当に交流するのではなく、「よい人たちと交流したい」という方は、私みたいに自己防衛し、周りの人にも迷惑がかからないようにし、そして自分たちの大切な人だけで固まるのがよいようです。

まあ、ここでとりあえずtwitterのことも話しましたが、私は他にもたくさん同時進行中。別名もあるし、勝手に名前を使われてたりすることもw
私の生活を暴こうというのは無理でしょうね。ここのブログの伏線ですら読み解くの難解だと思います。ここにさらにtwitterとか他のプロットが重なっていますからww


人間、すべては繋がっているんですよ? 一枚岩の人など私は相手にしないです。twitterでもそういうのきちんと見て、交流してますね。
世の中って実は広いですね。色々なことを学べてます、最近。
Commented by zattoukoneko at 2010-05-25 06:58
ちょっと読み直し。
本気で軽いことと、説明省きすぎに焦る。

一内容だけ追加。

アマチュア無線家について(ただし当時はそもそも“プロ”がいないのですが)。
このアマチュア無線家に関しては、以前「エジソンは悪い人?」辺りでちらっと触れました。他にも散らばってますね。
ただあそこでも説明不足なので補うと、

アマチュア無線家というのはそもそも“社会的につくられた”、“男性性成熟のための”グループです。
ですので彼らには絶対に守らなければならない規律というのがありました。特に西欧の男性性には騎士道由来のものがあります。WWⅠに従軍したのもそれが理由。
だから当時のアマチュア無線家はやたらと規律と道徳を重んじました。アームストロングなんて自分の妻を一度殴ってしまったことに罪悪感を感じて自殺してしまったほど(ここは遺書とかなくて真偽不明)。
とかく、ここまでのプライドと倫理観をもってtwitterを使おうとしている人はいない模様。調べてみればわかりますが、当時のアマチュア無線家って本当に徹底してます。

という話だけ追加しておきます。きっとここが今の人たちに足りていないことだと思いますので。
Commented by zattoukoneko at 2010-05-26 12:25
チュアブルソフト様、と書いてある記事なので、ここに書き込んでしまおうかと。

横でリンクをはっている雪見月瑞花さんより「縛りつきスピンアウト」の課題をいただきまして、今朝に公開しました。
タイトルは『♪かごめかごめ♪』です。
縛りなどについてはスピンアウトのページに書いてありますので、興味のある方はどうぞ。

(ちなみに『Sugar+Spice!』の初回限定版の新品は、Amazonで10万とかいう値段になっているそうです。人気ですねー)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14
>>実は同性愛者の多くは..
by zattoukoneko at 03:16
具体的に「差別」の後のこ..
by zattoukoneko at 02:55

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。