人権・平等問題 Part. 3

◎ 倫理学における人権の概念の問題
1960年代頃だったと思いますが、アメリカで女性の人権運動が生じました。それは中絶を認めてほしいという主張が中心となったものでした。
女性は妊娠すれば少なくとも1年以上は仕事ができなくなります。これはキャリアを積みたい人間、特に研究者を目指す人間にとっては大きなブランクとなります。文科系はそれほどではありませんが、理科系では特に研究成果の先行権争いが激しいものです。特許なんかになれば、数分レベルでの争いでもざらではありません。そのため妊娠し、出産・育児をすることになれば、それまで続けていた研究がすべて水泡に帰すこともあるのです。そのため女性たちは中絶を求め始めました。
このとき問題となったのが「胎児には人権があるかどうか」でした。議論の結果、大脳のできる受精後三ヶ月以降は意識があると考えられるため、人権がある、とされました。そして三ヶ月までなら中絶を認めるということとなりました。
と、ここで話が終わっておけばよかったのですが、議論はどんどん拡大していきました。大脳があることで人権を認めるなら、鯨やイルカにも人権があるのではないかと言われだしたのです(こうした他のものへと倫理の概念が移っていくことを「滑り込み現象」といいます)。
当時動物愛護運動の高まりもあり、結局捕鯨禁止運動が始まりました。それが今日でも問題になっている捕鯨禁止の運動です。(ですがここでみなさんに疑問に思ってほしいのは、鯨やイルカに人権があるなら、牛や豚にも人権があるとは思いませんか? しかしアメリカやオーストラリアはどんどん牛肉を売っていますよね? このあたり思いっきり矛盾しているのですが、捕鯨の話は機会があったらまた今度しましょう)
さて、この人権を巡る問題、捕鯨だけではなく別の話へも滑り込みをしました。脳死臓器移植問題です。
大脳が死んでいて、意識がないなら、人権だってないじゃないか。普通に死んでるのと(心臓死)変わらないじゃないか。と言われだしたのです。
現在では普通に受け入れられそうな意見ですし、実際脳死臓器移植に賛成する人は多いと思います。メディアがそちら側に加担していますからね。
でも次の話を聞いてもまだ賛成できますか?
①脳死は治る可能性があります。
②現在急進派は植物状態の患者、脳障害者、痴呆患者からの臓器移植も検討中。
③臓器移植後の患者の平均生存年数は20年未満(移植しない場合数十年生きることあり)
さて①についてですが、低体温療法というのがあります。これは本来、手術の際脳が壊死する速度を遅めるために用いられるものです。ですがこれを脳死患者に使ってみると、稀にではありますが蘇生することがあります。このことは最初脳死臓器移植問題が日本で持ち上がったときにはすでにわかっていたことでした。しかし医学界はその事例を無視しました。理由は単純です。脳死移植を成功させた方が知名度が上がるからです。当時脳死移植は世界的にもまだ数件しか行われていませんでした。だから日本の医者も早くそれをやって業績を上げたかったのです。上手くいくかどうかもわからない脳死治療の研究より、確実に実績の認められるものをやりたかったのです。
次に②について。これは滑り込み現象ですね。しかし植物状態は、大脳は死んでいますが、脳幹などの生命を維持する機構は生きています。また(時間はかかりますが)治ることもあります。それに痴呆患者からの移植はいくらなんでもやりすぎじゃないですか? 自分がそうされるってことになったらさすがに嫌ではないですか?
③番目ですが、移植を受けた患者の生存年数が低いのは、免疫抑制剤によるものです。移植は他人から臓器を提供してもらうわけですから、当然拒絶反応が起きます。当然できるだけ拒絶が起きないような適合者を探すわけですが、100%の一致なんて無理な話です(よく知られている赤血球の型だけでも、A・B・O・AB、Rh+・Rh-、白血球に至っては十万種以上の型があると言われています)。免疫を抑えれば、当然他の病気にかかりやすくなります。そのため死ぬ人が多いのです(なお、これはあくまで平均です。数十年生きる人もいます。そして1,2年で死ぬ人もたくさんいます)。一方で臓器移植を受けない場合、確かに辛い治療を続けなければなりませんし、運動などもできませんが、長く生きる可能性はあります。もちろんすぐに亡くなる方もいますが、「すぐに臓器移植を受けないと一年以内に死ぬ」なんて言われてその後何十年も生きる患者なんてのはざらです。何せ死亡判定を受けた人でも、その後蘇生するなんてことが稀ではないくらいですから、医者の余命宣告なんてあてになるものではありません。
なお、脳死臓器移植問題に関しては小松美彦という人が詳しく研究しています。少々過激に反対しすぎの感も否めませんが、興味のある人に紹介しておきます。
Amazonで小松美彦の本を購入する
ちなみにここからは私個人の意見(というか感想)ですが、外科手術というのは最終手段のような気がします。手術というのは体に大きな負担がかかるわけですから、可能であれば薬などの内科的な治療で治せるように研究を進めた方がいいような気もします。(もちろん薬にだって副作用がありますし、外科手術も研究してもらった方がいいのですが)
と、このように人権の概念は(応用)倫理の世界でも問題を起こしています。脳があるから、意識があるから、だから人権がるという考え方には反対です。たとえ脳がなかろうと、子供は子供。生命だと私は思います。人権についてもそうですが、命の概念についても考えるときがきているのではないでしょうか?
by zattoukoneko | 2009-11-01 17:19 | 社会・経済 | Comments(0)


本・映像・ゲームの紹介がメイン。でも他のことも扱ってます。


by zattoukoneko

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィールやリンク

プロフィール       
筆名:雑踏子猫          
小説家・研究者として修業中。   
ブログの主旨:             
①自分の考えをまとめること。   
②見てもらう人にも考えてほしい。
やたらと6と13という数字に付きまとわれている人間(でも6は完全数とよばれる元々は神聖な数字ですねー)


【閲覧者数】(試用運転中)
カウンター


***

応援サイト様
(というかお気に入りサイト)
へのリンク

チュアブルソフト様
(アダルトゲームメーカー、注意)    
チュアブルソフト公式WEB





SQUARE ENIX様





電撃様


電撃文庫のHPの方で
私の作品を載せてもらってます。
ありがたいことです。



第1回電撃メジャーリーグで争った
山本 辰則 様
のブログ。
山本辰則の小説とか



素敵な小説を書かれている
雪見月瑞花 様
のHP、HarvestSnow
HarvestSnow
ただこちらは
“ひっそりと”
運営していきたいそうです。



こちらはお世話になっている
美容室gally@下北沢 様
です。
お薦めなのでリンクを貼りました。


 ***

ブログパーツ ハピネム

カテゴリ

全体

ゲーム
映像
生物・医療
化学
物理
歴史
社会・経済
受験関係
雑記
告知
作品品評
小説
エッセイ
未分類

最新のコメント

その視点はなかった! ..
by zattoukoneko at 02:02
興味深く読ませていただき..
by 通りがかり at 19:39
以上、通りすがりの女子高..
by zattoukoneko at 04:23
記事内ではあまりに省略し..
by zattoukoneko at 04:15
>同性愛がセクシャリティ..
by zattoukoneko at 04:14

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 09月
2015年 05月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ファン

ブログジャンル

画像一覧


こっそり『アステリズム』の【遊べるバナー】を設置。
※対応ブラウザはChrome18以上、Firefox6以上、IE9以上です。
※混雑時や、未対応のブラウザからアクセスがあった際には、通常の画像バナーとしてふるまいます。
※回線速度が十分でないと正常にプレイできない場合があります。
※音楽が流れます。
※『アステリズム』については右上のバナー欄や紹介記事を参照。